ダブルハンドル自転車の世界

自転車で長時間乗る時、ハンドルを握る部分がひとつしか無いと疲れてしまうので、長距離旅行用自転車にはドロップハンドルがいいと一般的に言われている。もっともフラットハンドルの自転車でも、バーエンドバーを使うことによって握る部分が増えるので、フラットハンドルの自転車でも長距離旅行は可能だ。

ただ、世の中には、バーエンドバーやドロップハンドルでも納得しない人達がいて、一部の人は、上下にハンドルを2つ装着して、簡単に姿勢を変えるハンドルを作る人達がいる。

こちらのブログでは、Araya Excella Race(ロードバイク)とGiant Glide(クロスバイク)をダブルハンドルにしている。ダブルハンドルに目が行くけど、ポリッシュになっているフレームにも注目。

Sheldon Brown's Thorn Raven Bicycle

海外でもダブルハンドルにしている人がいるみたいだ。

この発想はマルチポジションハンドルバーと同じ発想だと思う。

ダブルハンドルだと、スピードを出す時は下側のハンドルを握り、のんびり走りたい時は上のハンドルを握れるので、即座に走りを変えることができる利点があると思う。

個人的に気になるのは、ブレーキレバーの取り付け。通常の取り付けだと、上下どちらかのハンドルにしか、ブレーキを取り付けることができない。

そして一番問題なのは、カッコ悪いとほとんどの人が思うことだと思う。理論上ならダブルハンドルはツーリングにはいいのはわかるけど、どうしても違和感がでる。何回ダブルハンドルの自転車の写真を見ても、合成写真に見えてしまうほどだ。

ダブルハンドルを普及させるなら、一般の人が見ても、違和感が無いデザインのダブルハンドルを作るしか無いと思う。

スポンサーリンク