自転車解説 サイクルベースあさひ PREC ROAD

五万円でロードバイクが買えた、サイクルベースあさひのprec roadは、徐々に値上がりをして、現行モデルでは、ついに六万五千円近くまで上がった。

フレームは、アルミフレームで旧モデルの平面的なフレームから、立体的なデザインに進化している。フロントフォークはアルミ製だ

ブレーキは、アルミのデュアルピボットブレーキでサイズは不明。

変速機はシマノ・2300と旧式のを変速機、変速レバーを採用し、ギア比は前2段のコンパクトクランク(50-34T)に、後ろ8段(11-25T)となっている。

車輪径/タイヤ幅は、700×25cとなっている。

部品構成は、無名品のクランクやボトムブラケット、ブレーキを使っていて、有名ブランド品が少ない混ぜ物が多いけど、この価格帯では普通だ。気になるのは変速レバーが、旧式の2300を採用していることだ。殆どの有名ブランドのロードバイクは、2014年モデルでは、シマノ・2300の後継モデルのシマノ・クラリスが搭載されるだろう。シマノ・クラリスは下ハンドルを握ったまま変速できたり、ブルボーンハンドルに変更しても、きちんと変速できるようになるので、2300との差は大きい。

本来なら64,800円妥当な価格だったが、量販店のロードバイクなら、MomentumのI want2.1がPrecRoadと同クラスで5万円以下で買え、有名ブランド品なら、シマノ・クラリスを採用し混ぜ物が少ないGios・SIERAが7万円ちょっとで買えるので、微妙な存在になった。サイクルベースあさひのスポーツ自転車は、ジオメトリ表や部品のスペック表が無かったが、このPrec Roadは簡単なサイズ表は出ている。しかし、きちんとしたジオメトリ表は無く、個人的な評価は微妙な自転車だ。

スポンサーリンク