キャスターで輪行はもっと楽になる

輪行を使えば、自転車の行動範囲は広がるけど、自転車を分解しないといけないのがほとんどだ。分解した自転車は、重く感じるのがほとんどで、折りたたみ自転車であっても、持ち運ぶと重く感じてしまう。

もっと軽く輪行したいのなら、キャリーカートを使う人がいるようだ。これだと、階段の昇り降り以外なら、疲れることは無いと思うが、問題はどうやってキャリーカートを自転車に積むかだ。

約1年前にビーンズハウス(以下BH)を購入した際は、目的地近くまではクルマでの移動だけを考えていました。
パンチのリアキャリアが手に入ったので、早速取り付けてみました。 パンチの純粋なオプション品ではないのですが、思った通り難なく付きました。 ただ、折り畳...

ビーンズハウスの人は、キャリーカートを前に置いていて、Punchは、リアキャリアを使って置いている。ビーンズハウスの置き方は、小径折りたたみ自転車だからできる技だ。

(一番下の写真)

通常の大径車輪の自転車だと、キャリーカートに載せるのは難しいように見える。

輪行袋にキャスターを装着する方法もあるようだ。一応、キャスター付き輪行袋もあるようだけど、ほとんどは、頑丈な輪行袋で気軽に使うような感じではなく、自作するのが最善のようだ。

スポンサーリンク