なぜランドナーは死滅したのか

世界的にドロップハンドルを装着したランドナータイプの自転車は、世界的に多くない。低価格のマス・プロダクションのランドナーで、これだけ多くの車種があるのは日本ぐらいで、他の国のサイトを見ても、これだけ多くの車種が選べる国は、日本ぐらいだと思う。

世界的に衰退したランドナーだけど、ランドナー自体の基本的な思想は、自分は非常によくできていると思っている。自分も1台タダで貰ったランドナーがあるけど、下手なクロスバイクよりも太いタイヤが装着でき、泥除けをつけることが可能で、前傾姿勢にならない設計思想は、今でも通用すると思う。

なのに、なぜランドナーが死滅したのかと考えて、自分が出した結論は、ランドナーの目的が混同したから衰退したのだと思う。

ランドナーというのは本来は

スポンサーリンク

楽に長距離を走り・舗装路から砂利道まで不安なく走れる自転車

それがいつの間にか

ランドナーの方程式に合わせた自転車

に変わり、道具としての存在価値が減り、時代に合わなくなったので、ランドナーが死滅したのだと思う。

今はArayaのFederal等の、低価格でよくできたランドナーがあり、レトロスタイルの自転車を求める人達が一定以上いるので、手元シフトや汎用性をうりにすれば、ランドナーは復活するかもしれない。

スポンサーリンク