誰でも格安で新車を買う方法

世界で一番安い自動車は、インドのタタ・ナノだろう。日本円換算だと30万円ぐらいの超低価格で有名だが、インドでは一流大学卒初任給の年収相当の価格だ。因みに、一般的なインド人の月給は1~2万円ぐらいらしいので、タタ・ナノはインドの物価で換算すると400万円以上する車だと思えばいいかもしれない。

日印給料比較・・・ある青年のインド挑戦・・・

インド人の給料・・・大統領で月10万ルピー(25万円)。普通の人で月1~2万円というところ

今の自動車は、軽自動車でもターボ無しで140万超えるレベルで、高いと思っている人がいるが、新規格初期の軽自動車よりも、クオリティは大幅に上がったので、あのぐらいするのは妥当だと思う。

世界的に見て、物価から見て、新車価格が一番安い国は日本だろう。日本の物価レベルで、100万円で買える車は殆ど無いに等しく、これだけ豊富にはない。オーストラリアでは中国車が上陸しているけど、販売価格が100万円ぐらいなので驚いているくらいだ。

スポンサーリンク

中国車がいよいよオーストラリアにも上陸!

日本は、100万円以下の安い新車はたくさんある。下駄としてみれば、このような車は、下手な中古車を買うより安いだろう。今回は安く新車で買える車を紹介する。

ダイハツ・ハイゼットトラック スペシャル/トヨタ・ピクシストラック スペシャル(2WD・5MT 590,000円)

2WD・5MT車で590,000円と、日本で買える一番安い自動車。エアコン・パワーウインドウ・ABSなんてものはついていなく、2人しか乗れない軽トラックなので買う人はほとんどいないと思う。

スズキ・アルトバン(2WD・5MT 677,250円/2WD・4AT 756,000円)

2WD・5MT 677,250円で、パワステ・エアコン・エアバッグ・ABS・AM/FMラジオ・パワードアロック・キーレスエントリー・盗難警報装置がひと通りついている。5ドアなので乗降性はあるが、4ナンバー登録の軽ボンネットバンなので、後ろの席は荷室優先で狭い。

ダイハツ・ミラバン/スバル・プレオバン(2WD・5MT 720,000円/2WD CVT 785,000円)

こちらも、アルトバンとほぼ同じ装備が付いている。軽ボンネットバンでは珍しくCVTが搭載されているが、あと少し出すとミライースの一番安いモデルが買えてしまう。4ナンバー登録の軽ボンネットバンなので、後ろの席は荷室優先で狭い。

ダイハツ・ミライース/スバル・プレオプラス/トヨタ・ピクシスエポック(2WD・CVT 795,000円)

パワステ・エアコン・エアバッグ・ABSは標準装備。オーディオは無く、装着する場合は、販売店装着オプションのスピーカーセットと同時装着となるとのこと。ミラバンよりも装備は少し落ちるけど、CVTにLEDテールライト、アイドリングストップ等の低燃費技術がついている。また、5ナンバー車なので、後席が広いのも特徴だ。

ミツビシ・ミラージュ2WD・CVT 998,000円)

パワステ・エアコン・エアバッグ・ABSが標準装備。ミラージュのイイトコロは、全グレードに安全パッケージがメーカーオプションで装着できる。日本で横滑り防止装置が装着できる車では一番安い車だ。自分の意見では、新車を買うならナビごときに金をかけないで、安全装備に金を出すべきだと思っている。

トヨタ・プロボックス(2WD・5MT 1,098,000円/2WD・4AT 1,177,000円)

ワゴンみたいな車が格安で欲しい人にはぴったりなプロボックス。パワステ・エアコン・エアバッグ・ABS・AM/FMラジオが標準装備。4ナンバー車なので、荷室が狭い。乗用仕様はMT車で1,274,000円。AT車で1,353,000円

トヨタ・シエンタ(2WD CVT車 1,575,000円)

一番安い7人乗りのミニバン。パワステ・エアコン・エアバッグ・ABSが標準装備。登場して10年目になるがまだまだ売れている。

スポンサーリンク