ロードバイクを低ギア比化する方法 その1 (SUGINO OX801D)

ほとんどのロードバイクに搭載されているギアは、明らかに、普通の人が乗るには重くて使えないと思う。回せない重いギアが搭載されているロードバイクに乗るのなら、幅広いギアが使えるクロスバイクのほうがオールマイティーに使える。

ギア比というのは非常に重要だ。調子が悪くても走らなければならない場合、低いギアでトロトロと走るのと、ギアが回せなくて押して歩くのには、時間や疲労に大きな違いがある。

ロードバイクのギア比を下げる方法で、問題になるのは前のギア(クランク)が小さくできないという問題が出る場合がある。

今の売られているロードバイクのほとんどは、前のギアが2枚になっているのが殆どだ。今ではいわゆるコンパクトクランクというのがついているのが多いけど、それでもクロスバイクなどと比べると重いギアがついている。

そんな中、見つけたのは、スギノOX801Dというクランク。

SUGINO OX801D [歯数44T×32T] クランクセット/ スギノ 自転車 パーツ【レビューを書いて送料無料】

価格:34,763円
(2013/4/29 08:14時点)
感想(1件)

ダブルのギアで、トリプルクランク並の低いギア比に対応できるらしく、最大52T-36Tから44T-30Tまで対応できる。自分が知る限り今のところ、ここまでギア比を低くできるクランクは、これしかないと思う。

問題は値段で、3万円を超えてしまうことだけだろう。

楽天で「SUGINO OX801D」を探してみる

Amazonで「SUGINO OX801D」を探してみる

スポンサーリンク