カスタムサイクルリンク集 GIANT WARP編

いかしたカスタムサイクルを勝手に紹介するこのコーナー。最初に紹介する自転車は、街乗りフルサスMTBとして有名だったGIANTのWARP。値段も安かったのでので日本ではストリート仕様で乗る人が多い一方、海外では本格的に使う人もいる。

ボックスフレームモデル

映画「メッセンジャー」で登場したモデル。TREK8000についていたホイールにスリックタイヤ、ステッカーチューンなどをしているストリート仕様。ちなみにこの自転車、昔、中古自転車屋のチラシで20万円近くで売られていたと思う。

今回、自分のシングルMTBと嫁さんのスペシャをカスタムするに あたって、ドナーになったバイクがこの画像のバイク、 GIANT WARP DStwoです。 はじめは、上の赤の方の状態で乗っていましたが、 知らず知らずのうちに下のような状態にな...

こちらもスリックタイヤのストリート仕様。どうやらこの後はリアサスペンションをリジッド化してクロス化したとのこと。

スリックタイヤに、ダイナモライトを装着した実用ストリート仕様。なんと前に自作の子供乗せを装着している。

GIANT WARP DS-2をダウンヒル仕様に改造して、通学にも山遊びにも使えるフリーライドバイクを目指したとのこと。

Photo of Me in Albuquerque, New Mexico, United States. This is my 98 Giant warp SE that I use for cross county and downhill

フルサス風デザインのWARP SEに倒立サスペンションを搭載して、クロスカントリーからダウンヒルまでOKの自転車に進化している。

ハイドロフォームフレームモデル

こちらはスリックタイヤに、カラーパーツを選択したストリート仕様。自転車の色と合わせている部品のセレクトに注目。

SRサンツアーのEPICONや、ホイール交換などで完全なオフロード用に進化した自転車。フリーライド仕様になっている。

Photo of in Tehran, Iran. Giant Warp Team

こちらは完全にダウンヒル仕様。PinkBikeで調べて見ると、海外ではWARPはダウンヒル用にカスタムされているのが多いようだ。

スポンサーリンク