高級シティサイクルと安物シティサイクル・街乗りクロスバイクはどっちがいいか?

1つのジャンルのスポーツ自転車を知っている人は沢山いるけど、シティサイクルについて知っている人は非常に少ない。特に高級シティサイクルは、あまり表には出ない。

高級シティサイクルの存在価値はある。自分がシティサイクルを見直したのは、Panasonicのanというモデルだ。

IMGP0982

ステンレスリムに、前ブレーキはデュアルピボットタイプキャリパーブレーキ。後ろブレーキはローラーブレーキを採用し、オートライトが付いている。価格はわからないけど恐らく3万円以上する。

走りは安価なママチャリよりダイレクトに進み、タイヤが太いおかげで路面のザラツキをダイレクトに感じさせないようにしている。サドル高が低いのは少し困るが、下手なルック車買うよりもこっちのほうがいいくらいだ。

前ブレーキはデュアルピボットタイプのキャリパーブレーキ。安物のシティサイクルみたいに効きが悪く、スピードが徐々に下がるものではなくて、きちんと止まってくれる。後ろブレーキはローラーブレーキで、こちらは安物のシティサイクルにも使われているが、同じものでも安物よりもブレーキの効きはいい。安物のシティサイクルのブレーキはON・OFFでしかブレーキが効かないのがほとんどだ。

ブレーキの効きが良いのは、恐らくブレーキレバーも関係している。安物シティサイクルのブレーキレバーはプラスチックがほとんどだけど、高いシティサイクルだと、ブレーキレバーは金属になっている。金属のブレーキレバーのほうが精度が高くカッチリしているので、ブレーキの効きも良いのかもしれない。

グリップやサドル部分は、手触りがいい。ちなみに手触りがいいグリップは、握っても手が疲れなくて滑りにくく、長時間使っても嫌にならないグリップのことだ。

1万円台のシティサイクルと比べたら、1万円台のシティサイクルは論外。シェボーFと比べたら、スポーツバイク遊びをするならシェボーF。単純に街乗り重視なら、この手の高級シティサイクルのほうがいい。

スポンサーリンク