サイクルベースあさひの自転車を他店が仕入れない理由

サイクルベースあさひは、オリジナル自転車の販売を募集している。

しかし、サイクルベースあさひの自転車が売られている所は、サイクルベースあさひと、ヤサカの自転車売り場しかない。

なぜ、サイクルベースあさひの自転車は他の店が仕入れないのかを考えてみたけど、恐らくサイクルベースあさひの自転車に魅力がないからだろう。

サイクルベースあさひに置いてある自転車のほとんどは、プライベートブランドの自転車だ。サイクルベースあさひのプライベートブランドの自転車は、ホームセンターの自転車と同程度なのが多いが、サイクルベースあさひの店舗内では、他メーカーの自転車の競合が少なく、一般車や子供用自転車のほとんどはプライベートブランドなので売りやすい。特にシティサイクルに関しては、きちんとした知識を持つ人が殆どいないので、コストパフォーマンスが悪くても売れることが可能だ。

しかし、あさひ以外の他店が、サイクルベースあさひの自転車を仕入れるとしたら、他の自転車メーカーの自転車と競合する。特にブリヂストンサイクル等の1流メーカーと衝突すると、サイクルメイト等の有料保証が加入できないので、保証が無い安いだけの自転車になってしまう。

それらを考えたら、他の店がサイクルベースあさひの自転車を仕入れないのは普通だろう。あえて売るとしたら街乗りクロスバイクやスポーツバイクぐらいだと思う。街乗りクロスバイクは有名メーカーのモデルは、シティサイクルの部品を装着したので、シティサイクルになったため、それなりに使えるスポーツ系街乗りクロスバイクが、サイクルベースあさひにしかないためだ。

スポンサーリンク