自転車の乗り心地を簡単に向上させる方法

自転車の乗り心地を向上させる方法は、タイヤを交換したり、薄いチューブにしたり、自転車のフレームをカーボンやクロモリフレームにする等、いろんな方法があるが、自転車の乗り心地を簡単に向上させる方法で、あまり知られていないのがある。

それは、サドルを交換することだ。サドルの中に入っているスポンジは、厚いほうがお尻が痛くないといわれているのが普通だが、実は、スポンジの量が多いと、タイヤから伝わる路面の振動を減らす効果も持っている。これは、薄いサドルと厚いサドルの両方を使ってみると、絶対わかると思う。

ただ、競技嗜好な人には、厚すぎるサドルは向かないと思う。その理由は、厚すぎるサドルは、前傾姿勢で乗ると、股が圧迫したりするなど非常に違和感がでると思う。ロードバイクやスポーツ志向なクロスバイク等、前傾姿勢が、比較的きつい自転車は、厚すぎず薄すぎず、ちょうどいい厚さのサドルを選べば、乗り心地は向上する可能性は高いと思う。

スポンサーリンク