安い自転車のパンクしにくいタイヤの欠点

ホームセンター等のシティサイクルの世界で、最近有名になっているのは、パンクしにくいタイヤだと思う。

有名なのはカインズホームのパンクしにくい自転車。パンクしにくい理由は、普通のタイヤよりも底が厚いので、画鋲が刺さってもパンクしにくいとのこと。

とある用で、カインズホームに来て、パンクしにくいタイヤを実際にみたけど、接地面が異様に硬いのが気になった。普通に売られているタイヤは、接地面を親指で押すと簡単に凹むのが普通だけど、「パンクしにくいタイヤ」はタイヤだけでも、既にタイヤが車輪に組み込まれていて、チューブに空気が入っているかのような硬さがある。はっきり言って性能に支障があるくらいの硬さがある。

また、接地面の厚みはあるが、タイヤの溝が通常のタイヤと変わらないので、耐久性は普通の自転車と変わらないだろう。

ネット上で「パンクしにくいタイヤ」について調べて気になったのは以下の点。

まずは、乗り心地が硬いということ。タイヤだけでも異様に硬いのと、「パンクしにくいタイヤ」のタイヤの適正空気圧は4.5気圧と高いため、乗り心地が硬いのだと思う。

また、直進安定性がなくてフラフラ感があって気持ち悪いという意見もあった。この人は、チューブ交換にも苦戦しているとのことだ。恐らくタイヤが厚いのでチューブが入るスペースが少なくなったのかもしれない。空気を入れたときにチューブ自体が重なり、走っているうちにチューブが内部で重なってしまったりして、最終的には普通のタイヤに変えたらしい。

自転車ドリフトをする若年層のユーザーの意見では、コーナリング時のグリップ力が普通のタイヤに比べて極端に低く、ちょっと急ハンドルしただけで前も後ろも滑ってしまうほどとのことらしい。

これなら、パナソニックの自転車専門店向けのシティサイクルについている、「ハードランナー」というタイヤのほうがいいと思う。店頭で「ハードランナー」を見たことがあるが、「パンクしにくいタイヤ」みたいに底が厚く、タイヤの溝も通常のタイヤよりも深いので、摩耗にも強いと思ったからだ。ただ「ハードランナー」は、タイヤだけの販売はしていないみたいだ。

カインズの「パンクしにくい自転車」を
友達が持っていたので乗らせてもらいました。
感想は・・・
漕ぎだしはいいです^^
しかし、峠を走るのには危険すぎます。
コーナリング時のグリップ力が
普通のタイヤに比べて極端に低いからです。
ちょっと急ハンドルしただけで
前も後ろも滑ってしまうほどですww
まあシティサイクル用のタイヤは
コーナリング性能なんて考えて作ってないか・・・

主にtyariに関係したブログです

カインズホームから売り出している
パンクしにくいタイヤの自転車を購入したが
失敗だった。

タイヤの中心部分にスポンジを入れることで
少々の突起物に対してのパンクが少なくなる設計だ。

これは誰でも考えることで、それはそれでいいのだが。

乗ってみて直進安定性がないのだ。
タイヤのスポンジ部分のせいだと思う。

空気圧を高めても駄目。

すごくフラフラ感があって気持ち悪いのだ。

運の悪いことにパンクもしてしまった。
これまたスポンジ部分の容積のせいで
タイヤのチューブを正確に入れないと
空気を入れたときにチューブ自体が重なってしまって
ガクンガクンしてしまう。

で、また空気を抜いてチューブを慎重に
入れるわけだけど、これが上手くいかない。

走っているうちにまた、ガクン、ガクンしてしまう。
チューブが走っているうちに内部で重なってしまうようなのだ。

いままでの自転車ではアバウトにチューブを入れても
空気が入っていく段階で徐々に適正位置に収まるのだが
このタイヤではそうはいかないのだ。

頭にきて後ろのタイヤを普通のものに全て変えたら
乗り心地も直進安定性も良くなった。
ストレスがなくった。

普通のタイヤとチューブにしたから
パンクには弱いと思うがこのほうがいい。

くれぐれも買うときには気をつけたほうがいい。
ちょっと乗ったくらいじゃわからないと思うけど
300メーター走ったら、その使えなさがわかると思う。

メーカーも考えてもらってさらなる進化を期待したい。
パンクしにくいタイヤという発想はすばらしいのだから。

パンクしにくいタイヤの自転車,将来は南の島の浜辺で暮らしたい。そのための日々をがんばろう

一部の自転車には厚いタイヤでパンクが少ないを売りにしているものも出てきていますが
そういう自転車に使用しているタイヤは厚くて硬いだけのタイヤです
しなやかさがないので割れてきやすいのです
また、値段の高いゴムは使用していませんので紫外線劣化は早いです

最近多い「パンクしにくいタイヤ」。ホームセンター中心に人気高いですね。

で、ワタクシあんまり好きじゃないんですが、理由はコレ。
簡単に言うと「パンクしにくいタイヤは空気かなりマメに入れないとめちゃパンクしやすいよ!」ってこと。

底面の生地が厚くなってるってことは空気入れても普通のタイヤより空気の入る容量少ないってことなんです。
さらにこのタイヤの付いた自転車買う人って「パンクしにくい」(ってうたい文句)から空気全然入れない人多い気がします。

そうなるとチューブがボロボロになったり、最悪写真のようにサイドが裂けたりして数ヶ月でタイヤがご臨終になってるのをかなりたくさん見てきました。
底面が厚いけどサイドは普通のタイヤのままなので、空気少なくて潰れた時に普通タイヤより余計に裂けやすいですしね(´ω`)

この手のタイヤは2週間に1回くらいは空気入れた方がいいです。
逆に言うとちゃんと空気さえ入れればうたい文句のように底面が厚くパンクしにくいタイヤなのでちゃんと空気いれてやってくださいね ̄O ̄)ノ

最近多い「パンクしにくいタイヤ」。ホームセンター中心に人気高いですね。 で、ワタクシあんまり好きじゃないんですが、理由はコレ。 簡単に言うと「パン...

通学車シーズンと言う事でパンク対策車が多く宣伝されています。
タイヤゴムの肉厚を増やし細いチューブを入れたもの。

チューブ(空気)の変わりに?ゴムを入れたもの。

チューブの中にパンク防止剤(液体)をいれたもの・・・・・・・。
これらが優れた商品ならトップメーカーのブリヂストンやミヤタが出しています。

なぜ?出してないのか冷静に考えてください。
空気の入っていない又は空気が少ない自転車・・・重くないですか?
チューブに防止剤(液体)を入れた自転車・・・試しに画びょうを刺してください。

防止しますか?
当店で針穴で液体がもれパンクしたチューブを実際に見る事ができますよ。
ちなみにブリヂストン、ミヤタのパンク防止はタイヤに薄く軽いプロテクターを入れたものです。

走りが重くなりません。

当店は店内に並ぶ自転車を選手と呼びます。。。。。。。。。。。限られた店内に世界中の選手(自転車)を並べる事はできません。だからWBCのメンバーのように店内に並…
スポンサーリンク