シティサイクルもカラータイヤの時代?

タイヤの色が黒いのは、強度を出すためにカーボンをゴムに混ぜてあるから黒いらしい。カーボンブラックの代用品は現在でも発見されていないので、加重が大きい自動車用のカラータイヤは存在しないとのこと。

カラータイヤはできないの?何でもタイヤ講座トーヨータイヤ

でも、自転車の世界ではカラータイヤというのがある。サイドに色があるタイヤは、通常のタイヤに塗っているのだと思うけど、タイヤ全部がカラーリングされているのも存在する。調べて見ると、自転車のカラータイヤは、カーボンの代わりにシリカを使用しているらしい。シリカは無色透明なので色々な色に着色できるので、カラータイヤができるのだとか。

ただ、人によっては、磨耗・紫外線劣化が早く、濡れた路面でスリップしやすいと言っている人もいる。

自転車のカラータイヤについて

自分はカラータイヤは使ったことが無いのでよくわからない。ただ、シティサイクルは高級グレードの自転車のほとんどは黒いタイヤを採用していて、カラータイヤをつけている自転車は見たことが無い。スポーツ自転車用のカラータイヤもサイドに色がついているのは多いが、実際に路面と接触する部分は黒くなっているのがほとんどだ。

最近では、シティサイクル用のカラータイヤが出ていて安く買うことができる。見た目重視のカスタムにはこれらのタイヤは最適だと思うが、性能は求めないほうがいいのかもしれない。

スポンサーリンク