自転車を簡単に室内に車載させる方法

自転車を車に車載する方法で一番自由なのは、屋根かバックドアにキャリアを付けて自転車を積むことだけど、どうしても自転車が外に出てしまうので、雨などにあたってしまう。

もちろんミニバン等の自転車が積める自動車に乗り換えれば、クルマの室内に自転車を積むことができるので、雨に濡れなくてすむようになる。

ただ、クルマに載せるときに車輪を外しただけで車内に置いてしまうと、自転車がグラグラしてしまい転倒する危険がある。そんな状況を防止するための商品がもちろん売られている。

定番商品は、調べた限りだとミノウラのバーゴ・エクセルシリーズだと思う。一番安くても5~6000円以上する商品だけど、ベースレールがアルミパイプ製になっているので軽量になっているとのこと。(バーゴ・エクセルSで1.2キロ)細かいとこもも考えた作りになっているので、価格の高さも納得する。

【即納】ミノウラ バーゴ エクセル S 1台用 660mm幅

【即納】ミノウラ バーゴ エクセル S 1台用 660mm幅
価格:5,200円(税込、送料別)

【即納】ミノウラ バーゴ エクセル 2台用

【即納】ミノウラ バーゴ エクセル 2台用
価格:8,970円(税込、送料別)

安いものとして有名なのはアストロプロダクツのAP バイシクルフロントフォークホルダー。4000円以下という価格で、重量は1.4キロ。画像で見た限りだと、ミノウラのほうが作りがいいように感じる。

それでも、もっと安く作りたい場合は、AP バイシクルフロントフォーク ホルダー用アダプターだけを購入してDIYする方法もあるようだ。

(参考URL)

車載キャリア完成

スポンサーリンク