競技用自転車でもスタンドが取り付けられる「Bike Guy QRスタンド」

ロードバイク等の競技用自転車ではスタンドを取り付ける人はいないといっていいほど少ない。個人的には公道を走るのならスタンドは必要だと思っている。スタンドがあることによって自転車生活の幅が広がると思っているからだ。

そんなわけで、いつかはロードバイクにもスタンドを装着する考えだが、通常のスポーツ自転車用スタンドは、装着するときにフレームに傷がついたり、スタンドの金具がフレームを圧迫していように見えるので、軽くて薄いフレームにつけるのは精神衛生上いい気分がしない。

そんな中で見つけたのは「Bike Guy QRスタンド」クイックリリース部分を活用してスタンドをつけるモノで、フレームに傷をつけなくてもいい。もちろん注意点もあるようだ。

※本品は自転車の静置用に設計されており、車重15kgまでの自転車に対応します。屹立時に体重をかけたり、注油や整備のためのスタンドとして使用しないでください。過度の負荷をかけると、本品や自転車の破損を招く恐れがあります。

※後輪にクイックリリース式ハブを採用していない自転車(シティサイクル、婦人車、BMX、トラックレーサーなど)には取付けできません。

※ダウンヒルレース用マウンテンバイクの一部など、後輪用エンド開口部の内幅が10mmでない特殊な自転車には取付けできません。

から一部引用

どうやらすぐに取り外しができるので、これは輪行する人にも使える商品だと思う。輪行するときにサイドスタンドはフレームから出っ張ってしまうので、邪魔になってしまうからだ。

スポンサーリンク