自転車解説 トップバリュ アルミフレーム自転車スポーツタイプ

AEONで売られている自転車といえば、GIANTのアジア圏限定ブランド「Momentum」が有名だけど、シティサイクル系では食品等のいろんな商品につけられている「トップバリュ」ブランドの自転車が有名だと思う。今回はトップバリュのアルミフレーム自転車スポーツタイプを紹介。

普通の自転車なら、かっこいい名前がつくものを「アルミフレーム自転車スポーツタイプ」と、そっけない名前をつけている。スポーツタイプと言っているが、フレームはスポーツ車を意識した形にはなっているが、ブレーキなどはシティサイクルの部品を使っているので、スポーツ車の形をしたシティサイクルと思えばいい。

シティサイクルの中身なので、LEDオートライトやソーラーテールランプ、1本の鍵で前後輪をロックする1キー2ロックが標準装備になっている。ブレーキは、前はシティサイクルタイプのデュアルピボットタイプキャリパーブレーキ。ただ、このブレーキは鉄板をプレスしたような安物を使っている。後ろはローラーブレーキでこちらのタイプは音鳴りしなくて有名だ。

タイヤサイズ:27×1 3/8とシティサイクルと同じ形式。車体重量は約17.1kgと重いが、実態はシティサイクルなので、こんなものだと思えばいいと思う。

スポーツ自転車を少しかじりたいなら、サイクルベースあさひのプレシジョントレッキングのほうがいい。「トップバリュ アルミフレーム自転車スポーツタイプ」はカッコいいシティサイクルと思えばいいが、いろんなのを詰め込んだおかげであんまり安くない値段になっている。メーカー品のライバルは、安いモデルは丸石・アパッシュと、高いモデルはミヤタ・EXクロスだろう。両者ともトップバリュよりも、良い前ブレーキがついている。アパッシュはテールランプが無くて反射板になっているが、EXクロスは、トップバリュに以上の性能があって、3年間の盗難保障が標準でついてくる。値段も安くなく買える場所が少ない「トップバリュ アルミフレーム自転車スポーツタイプ」は販売面は不利になるだろう。

スポンサーリンク