電球式ハブダイナモライトを、LEDハブダイナモライトにする方法

最近のシティサイクルは、比較的安価な物でも、LEDタイプのオートライトになっているのが多くなっている。LEDのハブダイナモオートライトのシティサイクルを、少し触ったことがあるけど、歩く程度の押す速度だけで、一気にピカっと光るのには感動した。いつか、シティサイクルを本格的に検証する時は、LEDオートライトのモデルを絶対購入するだろう。

人によっては、今までの電球タイプのオートライトを使っていて、LEDタイプに変えようと思う人もいると思う。自転車を新しく購入しなくても、LEDタイプに交換できるようで、ライト本体の価格も、有名なメーカーの電池式LEDライトと同じくらいの値段で販売している。

面白いと思ったのは、多くのLEDライトが、暗くなった時に自動点灯する「AUTO」スイッチと、明るくても常時点灯する「ON」スイッチの2つがあるということ。自動車のLEDデイライトや、オートバイのライト常時点灯みたいに、明るい日でも常時点灯して目立たせて安全向上することが、自転車でもできるようになった。

因みに、ハブダイナモライトは端子の種類が複数あるらしいので、注意が必要。この程度の価格なら素直に自転車に行って、交換を頼んだほうがいいと思う。

キャットアイ ハブダイナモLEDヘッド HL−HUB100

キャットアイ ハブダイナモLEDヘッド HL−HUB100
価格:1,575円(税込、送料別)

スポンサーリンク