自転車短評 Vespa MINIVELO

サイクルベースあさひが、イタリアのスクーターブランド「Vespa」の商標を借りて、Vespaの自転車を販売している。Vespa Miniveloは、シティサイクルタイプの小径車だ。

フレームは鉄で、重量は18キロ以上ある。車輪経は20インチ。恐らく、BridgestoneのVegasが最初に装着して一気に流行した、デルタハンドルを装備し、変速機は街乗り向けの内装3段変速になっている。ブレーキは、前はシティサイクルタイプのシングルピボットタイプのキャリパーブレーキ。制動力は値段なりの安物タイプだ。後ろはローラーブレーキで、構造的に音鳴りがしないので有名なタイプだ。

シティサイクルタイプの小径車なので、LEDオートライトや、前カゴや後ろキャリアが標準装備になっている。前カゴは、スタイル重視で少し小さいけど、ウッド調天版付きカゴが標準装備になっているのが面白い。デザイン重視のカゴといえば籐カゴが有名だけど、ウッド調天版は新しいカゴのトレンドになるかもしれない。

Vespa Miniveloは、街乗り小径車と思えば、値段なりの価値はあるので、デザインが気に入ったら買っても損は無いと思う。ただ、スポーツ自転車と思って買うと失敗する。

スポンサーリンク