シティサイクルは複雑怪奇

自転車は、大体似たような形の物が多いので、どんな用途に使うのかがわからないのが多い。スポーツ自転車は比較的良い方で、シティサイクルはどんな用途なのがまったくわからないのが多い。

ブリヂストンサイクルのシティサイクルのラインナップを見ると、普通の人からみたら似たような形のが異様に多く見えるし、どんな違いがあるのかがわからない。複雑怪奇で自転車の特徴がわからない。ラインナップもローエンドからハイエンドまで様々ある。こんな状況だと、ユーザーはどんな自転車を買えばいいかわからないのではないかと思ってしまう。

街ナカを見ると、シティサイクルは安物が多いが、恐らく、シティサイクルのほとんどは似たような形に、似たような色がほとんどなので、高い物を買ってもあまり意味が無いと思ってしまうのも1つあると思う。触ってみると、高いシティサイクルと安いシティサイクルの違いはわかるが、そのような機会はあまりない。

自転車雑誌も、特集のほとんどはやたら高いスポーツ自転車で現実味がなくて使えない。ネットでも情報が少ないと、シティサイクルに関しては情報を得る手段がほとんど無いのが実情だ。

スポンサーリンク