エントリークラスMTBでやらないほうがいいこと

エントリークラスMTBでも、林道程度なら普通に走れるけど、明確に禁止されていることもある。それは、ダウンヒル・ダートジャンプ系の激しい走りには向いていないらしい。実際にサスペンション・ステム・ハンドルバーには、英語で書いているシールが貼ってあるので確認したほうがいいと思う。

(参考URL)

自転車泥沼生活 – WARPはルック車か?

自転車部品会社のSR SUNTOURフロントサスペンションフォークジャンルでは、安価なMTBに付いているM3000シリーズはCITY、XCR・XCM・XCTシリーズは、RTR(レクリエーショントレイルライドの略)と書いてあり、気合を入れて走る人は、これらの部品を交換したほうがいいと思う。

ちなみに、下の動画はダートジャンプで自転車が壊れる瞬間を捉えたシーン。高価なMTBでも壊れるときは壊れるようだ。

Dead Fork Crash from baz on Vimeo.

スポンサーリンク