実はBD-1のスタンダートフレームモデルは今でも存在する?

独特のルックスで有名な折りたたみ自転車のBD-1は、現行形のモノコックフレームと旧式のスタンダートフレームモデルの2種類ある。ちなみに自分が5500円で買ったBD-1はスタンダートフレームのほうだ。

↑の写真のモデルは現行形のモノコックフレーム

現在、日本ではモノコックフレームしか売られていないけど、実は、旧来のスタンダートフレームモデルもWorld Birdyという名前で売られている。

と思ったら、どうやら違うとのこと。以下コメント欄からの引用

さて,このworld Birdy,写真で見るとスタンダードフレームなのですが,実はトップチューブだけ モノコックでして,断面が左右非対称の三角形になっています.
ちなみに2013(2012?)年モデルより,Birdyのロゴが安っぽいステッカーに代わっていまして,どうやら廉価版という位置づけのようです.

スタンダードフレームは楕円型のフレームなので、World Birdyはスタンダードフレームとは違う専用設計とのこと。

World Birdy sport

なぜ、World Birdyが日本で売られていないのかはわからない。

World Birdyは日本では売られていないので、個人輸入で買うしかないけど、円高の時でもヨーロッパから買うと、普通に日本でBD-1のモノコックフレームの一番安いモデルを買ったほうがよかったので、そこまでして買う価値があるのかはわからない。

スポンサーリンク

コメント

  1. olyuse より:

    はじめまして,ドイツ南部に住んでおりますolyuseと申します.
    先週,まさにこのWorld Birdy Sportを買ったところでして,BD-1について調べていたところ,こちらのサイトにたどり着きました.なかでもフロントサスの記事,大変参考になりました.

    さて,このworld Birdy,写真で見るとスタンダードフレームなのですが,実はトップチューブだけ モノコックでして,断面が左右非対称の三角形になっています.
    ちなみに2013(2012?)年モデルより,Birdyのロゴが安っぽいステッカーに代わっていまして,どうやら廉価版という位置づけのようです.

    • マツケン より:

      もう一度見てみたら、確かに違ったので訂正しました。

      個人的に気になるのですが、ドイツではWorld Birdyは通常のBirdyと比べて、どのくらいの価格差がありますか?

  2. olyuse より:

    そうですね,Birdy Sportが1099ユーロであるのに対しBirdyLight(普通のモノコックに8速の標準的なタイプです)が1599ユーロと,それなりに開きがありますが,ALFINEのDISC仕様ともなると2599ユーロになったりします.ドイツの自転車は日本に比べて平均的な値段が高いように感じていますが,それを差し引いても,Sportを含め”高い自転車”の部類に入ります.もっとも,電動自転車(e-Bike)ならば同価格帯も多いのですが….
    ここで売れ行きが分かればおもしろいのですが,残念ながら僕の住んでいる街は田舎ですので,他人のBirdyは一度しか見たことがありません.