自転車解説 2013年モデル ルイガノ TRシリーズ

ルイガノのクロスバイクの中でも、一番街乗り向けの自転車が、このTRシリーズ。TRシリーズは性格的には、前傾姿勢で走るスポーツ志向の自転車というよりも、軽量で快適に走る街乗り自転車と考えればいいと思う。タイヤ幅はTRシリーズ全車とも、シティサイクルと同等のタイヤ幅で、多少のじゃり道から、舗装路までオールマイティに走れる。

・TR2/TR3

前1段、後ろ外装7段変速の街乗り自転車。泥除け・サイドスタンドが標準装備で、街乗り自転車でも定価4万円以上するだけあって、フレームはアルミで、ブレーキはシマノの「Acera」のVブレーキを採用している。無名ブランドのブレーキよりもいいブレーキがついている。重量も13キロと軽く、部品の装備の違いもあるが、サイクルベースあさひのシェボーFよりも3キロ軽い。またフロントキャリアも標準でついている。

TR2とTR3の違いは、フレームの形状と車輪の大きさ。TR2はフレームは、シティサイクル風のスタッガードタイプで、MTB規格の26インチホイールを採用している。一方、TR3は、スポーツ自転車では定番のダイアモンド形で、車輪サイズは700cと、TR2よりも大きい車輪がついている。小柄な人はTR2のほうがいいと思う。

TR1

TR3をスポーツ仕様にしたようなものだと考えればいいモデル。前のギアは3段、後ろのギアは8段の24段変速。MTBギアなので、坂道ものんびり走ればいい。フロントサスペンションもついているけど、恐らく舗装路用クロスバイクのサスペンションなので、MTBみたいなハードな使い方には適さないと思う。サイドスタンドが標準装備で、ブレーキはシマノの「Acera」のVブレーキを採用している。ステムは、ハンドルの上下調整が可能なタイプで、ハンドルを高くしたり、低くしたりして遊ぶと、自転車の特性が変わるので、試してみたらいいと思う。

ロードバイクやスポーツ志向のクロスバイクみたいな前傾姿勢を取らなくても、スポーツ自転車の遊びができるスポーツ自転車だ。欠点は重量で、前後車輪を取り外すことはできるが、重量が13.5キロと重いので、輪行するには少し気合がいる。

スポンサーリンク