お金が無いけどスポーツ自転車に乗りたい人へ

いきなりスポーツ自転車に10万円も金を使うのはどうかと思っているが、どうしてもお金がない人もいる。5~6万円あれば、ロードバイク以外ならなんでも選びほうだいだが、お金を持っていないなら長期的に考えて、どんな風にスポーツ自転車を手に入れればいいか、考えればいい。

スポンサーリンク

・自転車はお金よりも保管場所のほうが10倍重要。

自転車は、雨風がしのげて、保管場所が沢山あればあるほどいい。屋内保管が一番いいが、それがだめなら、自転車カバーをかければ致命的な錆は発生しない。一番最悪なのは、屋外保管で雨ざらしで、すぐにボロボロになってしまう。これだと金がないのにさらに金が消える貧乏スパイラルに陥ってしまうので、お金を貯めたかったら自転車カバーは購入しよう。

また、沢山置ける場所があれば沢山置けたほうがいい。2台置くスペースがあれば、1台目は安いシティクロスを買い、2台目はもっと高い自転車を買って使い分けできる。

問題は、見える場所に自転車を置くことができるかどうかだ。アパート等の集合住宅だと、駐輪場が離れている場合があるので、盗まれないか不安がある。スポーツ自転車なら比較的軽いし持ち運びもなんとかいける場合があるので、いっその事室内保管する場合もある。それが嫌なら、20インチぐらいの小径折り畳み自転車にして、玄関に置く方法もある。

・とりあえず、買い物プラスアルファの自転車を買い、貯金する。

毎月1万円貯めれば1年で12万円貯めることができる。5千円なら6万円貯めることができる。6万円なら新車のクロスバイクは買えるだろう。ただ、スポーツ自転車に乗るのが我慢できないなら、プレシジョントレッキング等の街乗り用クロスバイクを買って、取り敢えずは、それで代用するのも1つだ。2台目に本格的な自転車を買っても、街乗り用で使い道がある。

・ネット通販は安く買うのよりも、変わった自転車・型落ち自転車を買うのに向いている。

今はいろんな安いスポーツ自転車が沢山あるが、あさひのプライベートブランドの自転車等が出ている現在、ネット通販で自転車を買う価値はあまりない。目利きができないなら普通に自転車屋に行ったほうがいい。

自転車にかぎらず、安い商品ほど良い物と地雷品を探すのが難しい。安い商品は、実はお金がない人よりも、お金をドブに捨ててもOKで、目利きを楽しむ上級者向けの商品だ。

それでも安い自転車が欲しかったら、型落ち品を探すのがいい。物によっては前年度モデルが安くでていたりする。ただ、サイズなどの意味がわからなかったら買うのをやめたほうがいい。

・中古自転車は安く買えない。

今ではネット通販で中古自転車を買えるが、5万円のMTBにディスクブレーキが付く現在。中古自転車はよっぽど安くないと意味は無い。少なくとも4~5年落ちなら、新品同然でも新車価格の半値じゃないと買う気はしない。中古でもヘロヘロな物だと、早めに部品を交換しないといけない場合もある。自転車で走りを楽しみたいなら中古の不安感よりも素直に新品を買ったほうがいい。

リサイクルショップの中古自転車も高い。物によってはサビサビボロボロなのに、強気の値段の場合なのがほとんどだ。

中古自転車で、上物が手に入りやすいのは、自転車屋の中古自転車コーナーと、公営リサイクルショップがいい。自分は、この2つは常時チェックしていて、1~2ヶ月に1回はとんでもない上物が出る。

スポンサーリンク