今のエントリーロードバイクはどのくらい凄いのか?

自転車の世界では、エントリーグレードはあまり注目されないが、エントリグレードこそ注目したほうがいいと思う。近年の有名メーカーのエントリークラスのロードバイクは、高性能化していくにつれて、10年ちょっと前のロードバイクよりも、はるかに高性能なのでは?と思う。

たとえば、FELTのF95はスペック欄のフレーム項目に1400gと書いている。おそらくフレーム重量はおおよそ1400gぐらいと言っていると思う。現代のレベルだと8万円台の有名メーカーのロードバイクはおおよそこのぐらいのフレーム重量だと思う。

Weight Weenies is a comprehensive list of actual bicycle component weights, thousands of bike weights listed - feel free to add you own weights too.
を見ると、2000年台前半の、20万円以上のロードバイクのフレーム重量と比べると、おおよそ100~200gの差だ。

 2001  Cannondale  R5000 Si フレーム重量は56cmで1556 gとのことだが、headset、bottom bracket (122 g)、 seat collar (24 g)がついた上での計測らしく、実際は1300gあたり?

ちなみにFelt F85は スペック欄にFelt Road カスタム7005 スーパーライトバテッド アルミ 1185gと書いてあるので、1200g台のフレーム重量かもしれない。

昔のトップクラスレベルのロードバイクが10万円で買えるのだから安いと思う。その代わり取り扱いには気をつけたほうが良いかもしれない。

スポンサーリンク