ライバルはドッペル? サカモトテクノ・カリブーシリーズ

サカモトテクノの小径自転車のカリブーシリーズは、ちょっと気になるものがあるのでピックアップしてみた。

・カリブーライト

20インチ、外装6段変速で、11.5kgと軽い。ただ、ステムが高さ調整ができないので、ハンドル位置の調整ができないのが少し気になる。昔のモデルは、一般的な大径車輪の自転車のクランクを装着していたため、ギア比が低く、こいでもこいでも進まないという欠点があったらしいが、いつのまにか、小径車用のクランクが装着されて、ギア比の問題は解決したと思う。ボトムブラケットの形式は不明。

モデルによっては、前キャリアに、ハブダイナモが付いたモデルがあり、これはけっこうお買い得だと思う。ドッペルギャンガーよりマイナーなため情報が少ないのが難点。こちらの通販サイトではカリブーライトのフレーム実測数値がある

カリブーライトのユーザーサイト

DISK備忘録

・カリブースクエア

アルミフレームの20インチの小径車で、外装6段変速。重量は12.5kgと比較的軽く、前にキャリアがついている。デザインはLouis GarneauのMV1に似ているが、MV1は、フロントキャリアをフレームに取り付けることによって、荷物を積んでも、小径車のクイックなハンドリングに支障をきたさないような設計になっているが、カリブースクエアは、コスト削減のためか、フロントキャリアをフロントフォーク部分に取り付けている。これで重い荷物を積むとハンドリングが悪くなる可能性があるので注意したほうがいいと思う。

・カリブーアックス

どうみても、DoppelGangerのFXシリーズ。ただ、カリブーアックスは泥除けがついているのがポイント。BB形式は不明で、情報を積極的に公開するDoppelGangerと比べたら買いにくい。

スポンサーリンク