自転車短評 2013年モデル Raleigh MR6 MARION 26

Marion 26は後ろ7段のみで、チェーンケースがついているので、街乗りクロスバイクとしての位置づけだ。価格は5万円と街乗り自転車にしては高いが、その分いい物を使っている。フレームはアルミに、シマノのVブレーキにブレーキレバーとボトムブラケットがついている。5万円のスポーツ自転車では、これらの部品はつかないのが多い。26×1.75のスリックタイヤを装着している。

重量は13.9キロで、フロントキャリア、キックスタンドなどのアクセサリーを外すと、12キロになるらしい。サイクルモードでフロントキャリア無し時代のMARION 26に乗ったことがあるが、完全にスポーツ自転車の走りだった。ブレーキはガツンときき、スポーツ自転車並みの加速はした。サイクルベースあさひのシェボーFなぞ話にならない。たしかに自転車の価格は高いが、価格の差の価値はあると思う。

スポンサーリンク