自転車短評 ルイガノ 2013年モデル ツーリングバイク編

幅広いカジュアル系スポーツバイクを中心にしているLouis Garneauは、ツーリング用自転車も3種類ラインアップしている。

・LGS-GMT

MTBフレームにドロップハンドルを付けて前後キャリアを標準装備した長距離ツーリング自転車。 前のギアは48/38/28T、後ろのギアは11-32T 8速のMTB用で、重い荷物を積んでも走ることができる。タイヤはMAXXIS OVERDRIVE 26″ X 1.75″で、重い荷物を積んでもタイヤが潰れにくいと思う。 タイヤやチューブが手に入りやすいMTB用26インチホイールを採用している。面白いのは、重い荷物を載せたまま停めるために、ダブルセンタースタンドを採用していること。通常のサイドスタンドだと、輪行するときの出っ張りとなって邪魔だが、センタースタンドなら、出っ張りがないので、付けたまま輪行してもOKだ。ルイガノ版グレートジャーニーで、日本一週は楽にできそうだ。

・LGS-RAC

ディスクブレーキにサスペンションフォークを搭載したロードバイク。前ギアは50/34T、後ろのギアは12-27Tと、ロードバイクのギアを採用しているので、峠越えは人によってはきつい場合もあり。特徴なのはロードバイクにしては太めのタイヤを履き、前サスペンションにSR Suntour製のスイングショックを採用していること。

SR Suntour製のスイングショックは通常のクロスバイクのサスペンションよりも短いストローク長を採用していて、どのような走りなのか乗ってみたい。現代のツーリング自転車の提案だろう。

・LGS-CT

クロモリフレームやスレッドステムを採用している古典的なツーリング自転車のイメージを残しているCT。700×32cとシティサイクルと同じくらいのタイヤ幅を採用している。前ギアは50/39/30Tのロードバイク用クランクで、後ろのギアは9速11-30TのMTB用ギアを採用している。

スポンサーリンク