自転車レビュー 激安系シティサイクルに乗る

GCITY1-280x494

自転車マニアになってから、激安系自転車は手を出したことがなくて、あまり乗っていない。自転車に対する目が肥えてきて、自腹で買うのならいい自転車を買ってしまうからだと思う。

そんな中、とある縁で少しの間だけ自転車を置いてほしい話があって、激安系自転車に乗れる機会があった。会社はわからないが、シティサイクルで、前ブレーキは安物のシングルピボットキャリパーブレーキ。後ろのブレーキはバンドブレーキ。外装6段変速だった。恐らく1万5千円ぐらいで買えると思う。

とりあえず乗ってみたら、あまりの酷さに閉口してしまった。ペダルの踏み出しが重い。スポーツサイクルより重いのはわかっていたが、まさか10年以上前のブリヂストン・BRIDよりも踏み出しが重いのには驚いた。踏み出しが重ければ、カーブを曲がってすぐにわかるほど車体が重い。何かおかしいのではないかと思う重さだった。

ブレーキは安物系なので、最低限しか効かない。サドルもクッションをケチっているのか、段差はハンパに跳ねるし、表皮もツルツルしているので気持ち悪い。グリップもコスト削減しているのかツルツルでげんなりする。

この自転車。メッキからみて新しい自転車なのだが、屋外保管のためかサビが発生している。メッキも薄そうだ。ステムも錆びていた。

こんな自転車に乗ったら、全然楽しくない。サドルを上げても走りが軽くならない。自分の所有じゃないので、細かい所はわからなかったが、金と暇があったら、安物と高級モデルを比較したいほど差を感じた。

スポンサーリンク