自転車短評 Avec Vent SAUVEUR

5万円以下で買えるロードバイクとして、カインズホームのプライベートブランドAvec Ventの SAUVEURというロードバイクがある。

サンスポのCyclistというサイトで紹介されていて、いいと言っているが、自分なら「買うな」の一点張りだ。サイズは1つしかない、ホイールがナット止めという最大の欠点があるロードバイクで、価格が約5万円なのは高い。

これがオートバイなら、コピーオートバイと本物のオートバイの価格差が15万円以上するし、安いコピーバイクを購入するのはなんとなくわかるけど、自転車の世界は価格差は少ない。あと2万円だせば、有名メーカーのロードバイクが買える。それもサイズは複数揃っていて、ホイールはクイック式だ。

【新車】キットバイクタイプTL レッド

【新車】キットバイクタイプTL レッド
価格:85,800円(税込、送料込)

ホンダ・モンキーの新車とモンキーのコピーバイクは、15万円以上の価格差がある
 

スポーツ自転車の価格差は遥かに小さい 

また、スポーツ自転車に乗りたいに枠を広げれば、3万円台から本格的なクロスバイクがある。クイック式のホイールでサイズが揃っている。

それでも、どうしても5万円でロードバイクがほしいのなら、GIANTのアジア圏限定ブランド、日本ではホダカがやっているMomentumのI want 2.1がある。ホダカのHOCR(かつての中国市場限定のGIANTのOCR)と実質的に同じで、フレームサイズは複数あって、ハンドル中央部には補助ブレーキレバーがある。

カインズホームは何をしたいのかわからない。安いスポーツ自転車は、すでにサイクルベースあさひや、スポーツ自転車会社が各社投入している中で、価格を重視した、ただ安いだけのスポーツ自転車を投入してもそのうち終わりが見えるだろう。

スポンサーリンク