リムテープに注意

安い自転車で手を抜かれる部品の1つにリムテープがある。一般的なホイール(クリンチャーホイール)の底についているもので、チューブがリム穴に入ってパンクしないようにするためについている。

安い自転車だと、このリムテープは微妙なものが装着しているものもある。比較的低圧でも大丈夫なMTBタイプの安価なシングルウォールタイプは、リムテープがゴムでできているのが多いと感じた。これは別に大丈夫だけど、問題は激安系ロードバイクに安価なリムテープが使われていて、高圧ですぐにダメになってしまうものがあったらしい。(昔の話で今はわからない)高圧に耐えないといけないリムテープは、消耗部品の1つかもしれない。

ちなみに、リムテープが違うだけでタイヤの入りやすさが違うらしい。(→リムテープも大事なんです。)薄いタイプのほうが入りやすいとのこと。

スポンサーリンク