自転車短評 ARUN BCR-7006

1万円台でインターネットで売られている安物自転車は、ロゴが適当な作りなのがほとんどだったが、ARUNのBCR-7006は、GIOSを模したようなロゴになっていて、1万円台の自転車でも、パッと見た限りの良さを出そうとしている。

もっとも、フレーム等の部品は鉄を採用しているためか、14.7キロと重い。ブレーキレバーはプラスチック製で折れる可能性が高い。面白いのは前輪のみクイック式になっていること。重量的に輪行は大変だが、前輪だけ外れると車にいれることができやすくなる。

1万円台の安物自転車は自転車を知っている人が手を出す物だと思っている。個人的にはちょっと興味があるが、あんまり自転車を知らない人が手を出すのはどうかな?と思う。

スポンサーリンク