GIANT Escape Rのデザイン戦略

自転車の世界で、既存の考えや発想を無視した製品はMTBやBMXがあるけど、調べて見ると、これらはユーザーが欲しいものを作って、自転車メーカーが乗ったという感じがする。

自転車が自動車やオートバイと違うのは、ユーザー主導のところだと思う。自転車は車体や部品が膨大にあり、部品を組み合わせれば自分が求めるものを作ることができる。作ることができなくても、ハンドメイドのビルダーに頼めば、希望の物が作ることができてしまう。そういうユーザーがいるからこそ、MTBやBMXは生き残ったのだと思う。


トリック用ピストの存在も、メーカーが最初に打ち出したのではなくて、ユーザーが求めたものだろうか?

自転車の世界で、メーカー側の提案でブームになった自転車といえば、個人的な意見としては,GIANTのEscape Rシリーズだと思う。Escape Rシリーズは、アメリカではFCRシリーズで売られていた。アメリカのFCRはロードバイクのようなグラフィックで売られていたが、日本ではブランド名を派手に出さないで、カラーリングも落ち着いていた。また、ある時からEscapeのモデル名も、プラスチックでできたエンブレムを装着した。

Escape Rシリーズのデザインは高級感を意識したのだと思うが、その高級感は自転車的高級感ではなくて、自動車等の一般的な工業製品の高級感を重視したのが特徴だ。昔の自転車を見た限りでは、今までにこういうデザインを追及した自転車は無かった。Escape Rシリーズは自転車の世界の枠からあえて出て、成功した自転車だろう。

既存のスポーツ自転車ユーザーではなくて、新しいユーザーを取り入れるのなら、既存のユーザーを無視したデザインでいい。Escape Rシリーズのデザインは、完全に既存のスポーツ自転車ユーザーを狙っていない。Escape Rは、工業製品的高級感で知的な感じがするデザインで、特別な感じがするし、自転車にあまりお金を出したくなくても、頑張れば手が届く安さだ。そして購入して実際に乗って見たら、シティサイクルよりも走りが軽く、スポーツ自転車に継続的に乗るユーザーを作ることができた。

今後はどんな自転車がEscape Rのような新しいユーザーを作ることができる自転車ができるのだろうか?個人的には電動アシスト自転車だと思う。海外では本格的なスポーツ電動アシスト自転車が売られている。価格や法律の問題があるが、これが日本にも本格的にやってきたら面白いことになると思う。

スポンサーリンク