フラットハンドルツーリング自転車のススメ

ツーリング用の自転車はドロップハンドルがいいという流れがある。自分もその流れに乗って、Bianchi Lupoを購入して、いろんなところを走ったが、走れば走るうちに、その流れに疑問を持つようになり、最終的にはフラットハンドルに変えてしまった。

なんで、フラットハンドルでもツーリングできると思ったのは以下の点が挙げられる。

・フラットハンドルの自転車のほうが安い

フラットハンドルの自転車は多くの自転車に部品が使われている。クロスバイク・MTBなら5万円で良いのが買える。一方でドロップハンドルは、フラットハンドルと比べると、沢山の自転車に使われてないので、部品が高くなり、自転車の値段も高くなる。ドロップハンドルの自転車の値段は、同じ部品グレードが使われているフラットハンドルの自転車の値段よりも1.5倍高くなると思えばいいと思う。

・ブレーキの問題

サイクリングレベルだと、MTBやクロスバイクについているVブレーキなら、十分な制動力がある。

しかし、安いロードバイクだと、最初についているブレーキが駄目なものがあり、ブレーキを思いっきり握っても効かないのがある。安いロードバイクのキャリパーブレーキは、駄目なのが多い。もし、ブレーキが駄目だったら最低でもブレーキシューは交換したほうがいい。

一番やっかいなのは、シクロクロスバイクやランドナーについているカンチブレーキ。安い物は、ドロップハンドルのロードバイクよりもさらに効きが悪く、ワイヤーの調整によって、ブレーキの効きが一気に変わってしまい、調整も難しい。

・フラットハンドルでも、手の置き場所は増やすことができる。

ドロップハンドルの自転車は、手の置き場所が複数ある利点があるけど、それもフラットハンドルの自転車にバーエンドバーをつけるとあまり変わらない。レースならともかく、普通のツーリングならドロップハンドルの利点はあまりない。

・ヨーロッパではツーリング用自転車はフラットハンドルが主流?

自分が調べた限りだと、ヨーロッパ圏のツーリング用自転車はフラットハンドルが主流に見える。たとえばオランダのKOGAのツーリング用自転車は、全部フラットハンドルタイプで、さらに、希望の自転車を作ることができるセミオーダーモデルもある。BD-1の小径折りたたみ自転車で有名なRise and mullerにいたっては、日本では売られていないが、フルサスツーリング自転車まである。

ドロップハンドルの自転車に乗りたいという強い思いがあるのならともかく、なんとなくドロップハンドルがいいと考えているなら、クロスバイクを購入して走りながら考えて見ればいいと思う。

スポンサーリンク