電子書籍リーダーは役に立つ

少し前にソニーが、新しい電子書籍を発表した。その新しい電子書籍リーダーの価格は、一万円を切っていて非常にお買い得になった。

最近は一万円で買える、タブレットパソコンがあるけど、電子書籍を読むのなら電子書籍専用端末がいい。

電子書籍専用端末に使われている、電子ペーパーは目に優しいし、毎日充電しなくてもいい。北海道をBD-1で走ったとき、暇潰しとして電子書籍専用端末を持っていったけど、ほとんど充電しなくてよかった。

ただ、電子ペーパーは白黒でしか表示できないのが残念。

ちなみに、電子書籍専用端末でも、ある程度の汎用性があるファイル規格を採用しているのがある。例えばソニーリーダーPRS-T1は、PDFとEPUBにも対応しているので、paboo等から電子書籍ををダウンロードして読むことができる。

因みに、sonyの電子書籍専用端末には、インターネットに接続すれば、ウェブページを見ることができるが、おまけ機能であって、常に使うものではない。

スポンサーリンク