JR東日本のサイクルトレイン「B.B.BASE」が凄い所とは何か

東京と房総半島を結ぶサイクルトレイン B.B.BASEが2018年1月6日から運行を開始すると発表した。自転車を分解せず鉄道に積むことができるサイクルトレインは少しずつだが増えている、小規模の私鉄が採用している事例が多いが、JRでもJR四国・宇和海の一部列車でもサイクルルームが登場するなど、良い方向に動いている。乗車は全席旅行商品のため予約が必要だ。

サイクルトレイン B.B.BASEが凄い部分は、JRの中で本格的なサイクルトレインだということ。自転車を積むのなら多くのサイクルトレインが行っているが、自転車を積むことができる台数は少ないのが殆どだ。例えばJR西日本の観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」には自転車積載スペースがあるが、スペースは8台のみで岡山~高松、岡山~琴平、尾道~岡山(上り)では利用できない。今回のB.B.BASEは自転車を99台積載することができる。日本のサイクルトレインの中でも、ここまで多くの自転車を積載できるサイクルトレインは珍しいと思う。

注意点としてはサイクルラックに積載可能な自転車は制限がある。スペック表を見ると折りたたみ自転車、マウンテンバイク、ママチャリやシティサイクル、電動アシスト自転車の積載はできないと思っていいだろう。期待されている電動アシストスポーツサイクルが普及しても、B.B.BASEには積載できないようだ。この部分は次代B.B.BASEに期待したい。

東京と房総半島を結ぶ、自転車&サイクリスト専用のサイクルトレイン「B.B.BASE」の特設サイト。自転車での新しい旅がここから広がります。
スポンサーリンク