1997年製の20万円のMTBは、現代ならどのくらいのレベルか

1997年のMTB、TREK Y-11は当時は定価20万円したらしい。当時のスペックは以下の通り。

Frame & Fork
Frame Construction Monocoque
Frame Tubing Material OCLV carbon fiber/6061 T6 aluminum swingarm
Fork Brand & Model Rock Shox Indy SL
Fork Material Magnesium, triple-clamp crown
Rear Shock Fox Vanilla, 1.75″ travel

Components
Component Group Shimano Deore LX/STX-RC
Brakeset Shimano Deore LX V-Brake brakes, Shimano Deore LX levers
Shift Levers Shimano Deore LX RapidFire SL
Front Derailleur Shimano Deore LX top-swing, top-pull/clamp-on 35.0 mm
Rear Derailleur Shimano Deore XT SGS
Crankset Shimano STX-RC, 22/32/42 teeth
Pedals System 1 w/clips & straps
Bottom Bracket Shimano BB-UN51, 113 mm spindle
BB Shell Width 73mm English
Rear Cogs 8-speed, 11 – 30 teeth
Chain Shimano CN-IG70, 1/2 x 3/32″
Seatpost System 1, 27.2 mm diameter
Saddle Bontrager Plus 10
Handlebar System 2
Handlebar Extensions Bontrager Race
Handlebar Stem Bontrager aluminum
Headset 1 1/8″ threadless Tange-Seiki DX-2

Wheels
Hubs Front: System 2 suspension, Rear: Shimano Deore LX
Rims Matrix Swami, 32-hole
Tires 26 x 2.10″ Panaracer Duster II kevlar
Spoke Brand DT Competition stainless steel, 2.0mm double butted
Spoke Nipples Brass nipples

TREKのY-11は、カーボンフレームだけど、部品を見ると、後ろのギアの段数は8段変速、ブレーキはVブレーキで、現在のAceraクラス(1000円程度で買えるブレーキ)車輪も今の5万円のMTBと変わらない。

部品のレベルだけで言えば、1997年の20万円のMTBは、今では5万円程度のMTBと変わらない。最近のMTBは7万円ぐらいになると、ブレーキが油圧式になっていたり、後ろのギアの段数が9段になったりしているので、1997年の20万円のMTBよりも性能が高くなっているのが現実だ。

スポンサーリンク