ロードバイクのタイヤ幅は公道で走るには相応しいのか?

最近ではスポーツ自転車といえばロードバイクという状況になっている。ロードバイクといえば、ドロップハンドルに細いタイヤだ。

恐らくレースでは細いタイヤのほうが、いろんな面で有利だと思うけど、ストリート(公道)はどうだろうか?


はっきり言って、ロードバイクのタイヤ幅は、ストリートを走るためには適していないと思う。

ロードバイクのタイヤは太くても25mm程度の幅しかない。これは親指よりも狭い。これだけ狭いから走りが軽いのだけれども、段差や石が多い公道を走るのには不向きだ。

公道で細いタイヤが不利なのは主に3つある。

1つ目はタイヤサイドが薄くて、トラブルが起こりやすい。タイヤサイドが切れるとパンクするし、さらにタイヤが駄目になってしまい、スペアタイヤが必要になってしまう。MTBやクロスバイク等のタイヤが太い自転車は、タイヤサイドが頑丈な物はあるけど、ロードバイクでタイヤサイドが頑丈な物は少ない。因みに、タイヤサイドが頑丈なロードバイク用タイヤは、自分が知る限りパナレーサーのパセラブラックスだと思う。

2つ目は、パンク修理が面倒なこと。自分はいわゆるWOタイヤしか使ったことがないけど、タイヤが細いと、タイヤやチューブを装着しにくい。特にタイヤはリムにハメるのが難しく、最後はタイヤレバーを無理やり使ってハメないといけない場合がなる。因みにタイヤが太いと簡単にタイヤ・チューブは簡単に装着できる。

3つ目は、段差などがある公道では安心感が無いこと。タイヤが細いので段差や道路の縦溝に気を使ったり、滑りやすい道はさらに気をつけないといけない等の問題がある。これは非常に重要で、スポーツ自転車に慣れない人がいきなりロードバイクに乗ったら、走りの軽さよりも、細いタイヤがストレスになって嫌になる人もいるのではないかと思う。

実はこういう問題を解決するのは、人によっては結構簡単だったりする。それは

スポンサーリンク

1台ですべてをこなすのを諦め複数台所有にすればいい

そうすれば、走り重視の日はロードバイクで、街乗り、長距離ツーリングは他の自転車という風に住み分けができる。

それが駄目だったら、GIANT PACEみたいに少し太いタイヤ(28mmが限界みたいだ)が履けるロードバイクにする方法もある。少し太いタイヤが履けるロードバイクの見分け方は、ブレーキ本体がロングアーチブレーキという、通常のロードバイクよりも若干大きいブレーキを採用していれば、少し太いタイヤが履ける。

ただ、メーカーのスペックでは、ロングアーチブレーキはあまり重要とは思っていないのか、書かない所もある。写真で見ても見分けが非常に付きにくく、わからない場合はメーカー等で問い合わせたほうがいい。

スポンサーリンク