自転車の定期点検は1年では遅いと思う理由

一般社団法人自転車協会のサイトを見ると、信頼のおける販売店で定期的(6ヶ月・1年毎)にメンテナンスを受けることで、安全かつ快適な自転車を継続的に利用できると書いてある。

自転車安全チェック|自転車は命を預ける乗り物です。安全に利用するには乗車前のチェックと、定期的に店舗での点検・整備が欠かせません。

個人的に気になるのが6ヶ月・1年毎にメンテナンスを受けるということ。個人的な感覚としては自転車を知らない普通の人が6ヶ月や1年毎のメンテナンスは遅いのでは無いかと思う。

GIANTの取扱説明書は厚くて気合が入っている
スポーツ自転車の説明書は会社によって異なっている。Goldwin時代のScottやKonaの取り扱い説明書を引っ張りだして比較してみることに...

因みにGIANTの取扱説明書ではオフロードを3~5時間走行後、舗装路・未舗装路は10~15時間後走行したら、点検が必要と明確に書いてある(57ページ)

個人的な意見としては、自転車の定期点検の目安は、6ヶ月や1年は、定期的に点検を行っている人向けで、乗りっぱなしだと色んな意味で辛いだろう。

自転車は自動車とは違いメンテナンスフリー設計を採用しているわけではないため、点検は日にちを決めず、気になったら行うのが良いと思っている。

自転車に詳しくない普通の人が、点検を行うときの目安になるのが取扱説明書。

基本的に取扱説明書を見れば点検やメンテナンスの目安について書いてあるので、取扱説明書を参考にすれば良いだろう。

スポンサーリンク