自転車は部品よりも塗装のほうが大事

よく雑誌などでは、部品のグレードは何々がいいと書いているのが多いけど、自転車は部品の交換が容易なので、サイクリング程度なら安いエントリーグレードを買って、部品が駄目になったら交換すればOK。部品よりももっと重要なのはフレームで、少なくても塗装は自転車の部品よりも重要だと思うのが自分の意見です。

我が家には、自動車用のスプレータイプのワックスがありますが

これは自動車のためではなくて、自転車のためにあります。自動車は洗車するのが面倒なので、ドライブスルー洗車機にかけるだけで済ましています。

自動車では、コーティングやワックスがたくさん売られていますが、ワックスやコーティングは自転車こそやるべきだと思います。その理由は2つあって、1つ目は塗装が弱いこと。自分が触った限りでは、自転車の塗装は自動車の塗装よりもはるかに弱いのが多く、自動車よりも塗装が劣化するスピードも速くなります。

2つ目は、自転車はチェーンなどの部品が外に出ているので、油汚れやブレーキのカスがよくつきやすいこと。これらがフレームにつくと、洗うだけでは簡単に取ることができません。汚れがこびりついてしまうと、最悪はコンパウンドで磨かないといけなくなるので、自転車は買ったら、すぐワックスをかけることをお勧めします。

もっとも、いくらワックスやコーティングをしても、キズがついてしまったら終わりです。自分は、ロゴやフレームの一部にキズ防止のために、屋外用の透明なカッティングシートを貼って対策をしています。(これはけっこうお勧めです)

スポンサーリンク