自転車の休憩は「歩く」のも1つの手

自転車で峠を越えると、できるだけ足をつかないで行こうと考える。そのほうが楽で速いと思っていたからだ。

しかし、ある日、自転車で峠をのろのろと上っているとき、ふと「歩いてみたらどうなるのだろうか?」と思い、歩いてみたら、なんと、のろのろ自転車で走るよりも、同じスピードで楽に上れてしまった。

ただ、歩いても、自転車で走っても同じスピードのところでしか、これは通用しないので場所が限定されてしまう。しかし、どんな状況でも止まって休憩するよりも、歩いて休憩すれば確実に進むことができる。

時と場合にもよるけど、使う筋肉が違うためか、自転車で疲れても歩くことができる時は意外とある。あまり言われてないことだけど、「歩く」のを休憩にするのも1つに入れれば、自転車生活も変わると思う。

スポンサーリンク