Tech 1 CARACLE-Sが進化した所、実際の走りの感覚をまとめてみた

img_20161105_162954

スーツケースに入る20インチ折りたたみ自転車として知られているTech1 Caracle-S。2016年モデルは2015年モデルとは大幅に変わった部分がある。一番分かりやすいのはリヤサス部分の取り付けを変更しシートアングルを寝かした所。これにより漕ぎやすくなり普通の自転車のように漕ぐことができる。

スーツケースに入る世界最小20インチ折りたたみ自転車 CARACLE-S
今までスーツケースにはいる折りたたみ自転車というのは、小径折りたたみ自転車の中でも車輪が小さく、通常の自転車よりも航続距離が...

ハンドルポストも昔のモデルはしなったが、サイクルモード2016で試乗したモデルは自分が触った限りではしならなくなりDAHONやTernの折りたたみ自転車と同程度だと感じた。その他にヘッドチューブにアクセサリー台座を装着したり、後部リンクパーツの一体化など細かな改良を加えているようだ。

スポンサーリンク

Tech One Caracle-SはTernの折りたたみ自転車で言うと、どのくらいのレベルか

サイクルモードの試乗コースは通常の舗装路よりも綺麗な路面のため、実際の走行感覚とは異なる。ただ、今回はサイクルテラスの試乗コース(綺麗なアスファルト細い)でTern Link C8とTern Vergeに乗ったので、Caracle-Sがどのくらいのレベルなのか比較することができた。

img_20161105_151722

Tern Verge P10

img_20161105_152709

Tern Link C8

個人的な感覚ではLink C8以上、Link C8からの走りを想像した限りではLink N8と同クラス、Verge P10よりは落ちるといった感覚だった。Link C8の評価が低いのは、KENDA KWESTタイヤが原因だろう。Verge P10の走りの高さは、20インチの中でも車輪径が大きい451規格を採用しているのとシンプルな車体設計なのもあるのかもしれない。

安物タイヤのKENDA KWEST と、Panaracer パセラブラックスを比較してみる
多くのクロスバイクで採用されているKENDA KWESTはあまり評判は良くない。GIANT Escape RX4に標準装備されているが、乗り...
スポンサーリンク