24インチプチファットバイクの可能性を考える

dscn9018

マウンテンバイクのタイヤ・車輪の世界は複雑怪奇となっている。車輪径は26/27.5/29インチと様々な車輪径があり、タイヤ幅も2インチ/3インチ/4インチ~と選り取り見取りすぎて、何を買えばいいか分からない状況だ。

マウンテンバイクの世界では26インチ以下のタイヤやホイールはマイナーな世界となっているが、注目されるべきタイヤの規格がある。それは24インチのプチファットバイクだ。

24インチホイールに3インチ幅のタイヤを装着したプチファットバイクはマイナーな世界だが、日本ではプチファット専用のフレームが存在する。写真のTubagra Yamadoriは、里山をアクションライドするためのマウンテンバイクで、貴重な24インチプチファットバイクとなっている。

前にほんの少しだけ乗ってみると、小回りが効くのが面白いと思った。アクションライド系統せず普通に走る人でもオモシロイと思った。通常の2インチ幅みたいに軽快にハンドルが切れる感覚はないけど、27.5+の3インチ幅よりもハンドルの切れる感覚は重くなく、3インチ幅特有の安定性はあると思った。

通常の26インチマウンテンバイクを24インチプチファット仕様にする人もいるようだ。

ブログを見ていると、24インチと小さい車輪径を採用しても、ファットバイクみたいに空気圧を下げて、がれ場みたいな走りにくい場所も走ることが出来るとのこと。走りは通常の26インチよりも重くなる内容となっていた。

24インチプチファットは可能性はあると思うが問題は部品。タイヤなどの車輪関連は、24インチ全体ですら供給が非常に少ない。また、注目している人も少ないため、大々的に普及するのは今のところは難しいと思う。

スポンサーリンク