MTBのタイヤ幅の違いで走りはどの位変わるのか 27.5インチMTB、27.5+MTB、ファットバイクを比較する

マウンテンバイクのタイヤ幅と言えば、大体2インチ(約5cm)が一般的だったが、4インチ(10cm)クラスのファットバイクが登場してから、様々なタイヤ幅が登場している。近年の特徴では2.8インチクラス(約7cm)の+規格が登場し注目されている。

今回、東京の某イベントで、27.5×2.2インチの27.5インチMTB「GT Avalance Elite」27.5×2.8インチの27.5+MTB「GT PANTERA Elite」26×4.0インチのファットバイク「Charge Cooker」に多少乗ることができたので、素人的に簡単な違いをまとめてみた。

スポンサーリンク

27.5インチMTB「GT Avalance Elite」と、27.5+MTB「GT PANTERA Elite」の違い

dscn9019

写真右の自転車は、27.5+規格のGT PANTERA ELITEで27.5×2.8インチタイヤを装備している。写真左の自転車は、27.5インチMTB「GT Avalance Elite」で、27.5×2.2インチタイヤを装備している。

GT Avalance EliteとGT PANTERA Eliteのタイヤ幅の違いは、スペック上では僅か0.6インチとなっている。しかしPANTERA Eliteのほうがグリップ力が高く、空気が多く入っていてクッションの良さが明確に分かった。27.5+のPANTERAはグリップ力が高く、従来のマウンテンバイクみたいに、コーナーを普通に曲がれる扱いやすさがあると感じた。

27.5+のPANTERAに乗った後に、27.5のAvalance Eliteに乗るとハンドリングが軽く感じ、グリップ力は下がった代わりに軽快になった。タイヤのグリップ力に頼るズボラな走りはしにくくなり、PANTERA Eliteでズボラな運転でクリアできた場所が、Avalance Eliteでは、前輪がスリップする場面があった。

個人的には安心感が高いマウンテンバイクがほしいのなら27.5+のPANTERA Elite、スピードや軽快性がほしいのなら27.5インチのAvalance Eliteだと思った。

27.5+MTB「GT PANTERA Elite」と26×4.0インチファットバイク「Charge Cooker」の違い

dscn9020

写真右はファットバイクのCharge COOKERでタイヤは26×4.0インチ。左は+規格のGT PANTERA ELITEで27.5×2.8インチ。

27.5インチMTB「GT Avalance Elite」と、27.5+MTB「GT PANTERA Elite」で大きく違うのなら、27.5+MTB「GT PANTERA Elite」と26×4.0インチファットバイク「Charge Cooker」の違いは大きい。ジャンルが違うのでまったく違う自転車だろう。

GT PANTERAがグリップ力が高いマウンテンバイクなのに対して、Charge COOKERは装甲車を運転している雰囲気があるファットバイクとなっている。

27.5+のPANTERAはコーナーを曲がる時、Avalanceのように軽快というわけではないが、通常の自転車のようにコーナーを曲がれるのに対して、ファットバイクのCOOKERはコーナーリングはやや重いと感じた。一方、太いタイヤでグリップ力が高くタイヤ幅が太いので、砂地や雪道も走れる利点がある。簡単に乗った限りでは27.5+のPANTERAはファットバイクとは考えが違う自転車だと思った。

個人的には、グリップ力が高いマウンテンバイクが欲しいのならPANTERA、マウンテンバイクではなくどんな道でも走れるファットバイクが欲しいのならCOOKERだろう。

八ヶ岳サイクリングでファットバイクに乗り雪道を走ってきた
3月に入り春の流れに入ってきたが、今回(2016年3月5日)は八ヶ岳サイクリングのファットバイクツアーに行き、雪道走行を行ってきまし...
スポンサーリンク