2016年9月に登場した2代目フリードに自転車を載せる方法を考える

ステップワゴンよりもコンパクトで、7人乗れるホンダのミニバンと言えばフリード。2016年9月に2代目が登場し、6/7人乗りのフリードと、5人乗り2列シートのフリード+の2つのモデルが登場した。

この手のミニバンで気になることの1つといえば自転車積載性能。ステーションワゴンのように屋根が低いわけではないが、車体全長が短いため自転車を容易に積載するのはギリギリといったタイプだ。

今回のフリードは6/7人乗りのフリードと、5人乗り2列シートのフリード+と3つのシートタイプのモデルがある。6人乗り、7人乗り、2列シート5人乗りの3種類のシートタイプでは、自転車の積載方法はそれぞれ違うのでまとめてみた。

スポンサーリンク

6人乗りフリードの場合

pic_captain_slide_03

2列目が左右独立している6人乗りタイプの場合、自転車を積載するには3列目を畳み、2列目を前方に移動させる必要がある。この方式は、初代フリードの6人乗り仕様と同じで、個人的には初代シエンタのようなチップアップシートの採用を期待していたが、変わらなかったようだ。

自転車の積載は2列目のウォークスルー部分の隙間に前輪を入れれば、自転車1台なら車輪を外さなくても載せることができそうだ。自転車を複数積載するのなら車輪を外す必要があるだろう。

7人乗りフリードの場合

pic_tumble_slide_03

2列目がベンチタイプの7人乗りタイプの場合、自転車を積載するには2列目・3列目を畳む。この方式は、初代フリードの7人乗り仕様と同じとなっている。写真では自転車の車輪を外さないで1台積載している。写真を見ると自転車はTOKYOBIKEに見える。

2代目シエンタではTOKYOBIKEよりも大柄な26インチMTB(サイズ不明)を2台積載しているため、カタログ写真を見るだけではFREEDのほうが室内スペースは少ないように感じてしまう。自転車を2台積載する場合は事前に実車を見たほうが良いだろう。

フリード+の場合

pic_seat_arrange_03

フリードスパイクに変わって新たに登場した、5人乗りのフリード+はNBOX+のように荷室にボードが付き、車中泊が容易になるなどの特徴を持つ。

フリード+で自転車を積載する場合は、2列目を畳み荷室のボードを使用すれば、車輪を外さなくても自転車を積載できるようだ。

ロードバイクを積載しているが、車体サイズは小さい。写真だけを見た限りだと車体サイズは身長165cm以下の人向けのモデルに見える。大きい車体の場合はハンドルやサドルの位置が上がる。また、マウンテンバイク等のオフロード用自転車は設計的にロードバイクやクロスバイク等のオンロード用自転車よりも車体が大きくなるため、天井にハンドルやサドルが接触する可能性がある。

また自転車を積む場合、床の位置が高いため持ち上げるのに少し苦労する可能性がある。単純に持ち上げるのではなく、上にはバックドアがあり左右には内装がある。そのため傷をつけないように気をつけないといけなく、自転車の出し入れには苦労する可能性は高い。実際に自転車を積載する場合は、天井にハンドルやサドルが接触する可能性と、出し入れについて考えたほうがいいだろう。

フリード|Honda

スポンサーリンク