同一車線自動運転技術を搭載した日産・セレナに自転車を積む方法

708_dl0000610578

2016年8月に日産・セレナがフルモデルチェンジをした。外観は従来型のデザインを元にしながら、流行の押し出しよりもスマートさを重視したスタイリングとなっている。今回のセレナでは、同一車線自動運転技術を搭載したグレードを発売した。2016年8月時点ではハイウェイスター・プロパイロットエディションのみで2017年3月までの期間限定となっている。

日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン | 特別仕様車 | ハイウェイスター プロパイロットエディション

セレナハイウェイスター・プロパイロットエディションは高速道路のみでしか使用できないが、自転車を趣味にしている人なら遠出をする時、このような機能でも楽に遠くに行け自転車に乗った時の疲労も少なくなるだろう。

自転車を趣味にしている人なら、セレナのようなミニバンなら自転車は車輪を外さずそのまま入れたいと考えるだろう。
238806_l_dl0000620144

今回のセレナは後席を畳むことはできず、荷物を積む場合は2列目はスライドで対応するしかない。自転車を積載した時のイラストは、マウンテンバイクの車輪を2列目中央の隙間に入れている。この方法は2列目に人が乗っている場合は危険なのを覚えておこう。

新しいセレナの自転車積載は2列目がたためないため、車輪を外す面倒な作業を行わないといけない。自転車を趣味にしている人はセレナを買う場合は実際に自転車を持って行き、車内に入れて吟味したほうがいいだろう。

日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン Webカタログ トップ

スポンサーリンク