特徴的なフレームを採用している街乗りスポーツ自転車 XROSS Modern Utility A1

いち早く市販電動アシストロードバイクを販売したことで知られているXROSS。2017年モデルには2種類のモデルがあるが、その1つのA1は独特のフレーム形状を採用したモデルとなっている。

フレームの形状は従来型の自転車では見ない独特の形状。素材はクロモリ製とのことで、どんな走りをするのかが気になる所。フレームにはライト装着用の台座があり、取り外しが可能な雰囲気となっている。殆どの自転車にはフレームにライトを装着する台座というのは無いので、このような方式は貴重だろう。

フレームが非常に独特なのでフレームに注目してしまうが、他の部分も特徴的だ。ハンドルはブルホーンバーでブレーキレバーはDIA-COMPEのギトネットレバーにPROMAX Render-Rディスクブレーキを装備。ブルホーンバーとギトネットレバーの組み合わせは、自転車趣味の中でも自転車を理解していたり、長年やりこんでいる人が行うことで、この組み合わせを採用した自転車を販売するのは非常に珍しい。サイクルモードでModern Utility A1の実車を見たことがあり、このハンドル・ブレーキレバーを採用しているのを見たことがあるが、あくまで参考出品で実際にこの状態で販売はしないと思っていた。

Webサイトでは「手で簡単に着脱できる、そのシーンに合わせたキャリアに簡単に交換できるキャリアシステムを搭載しました。」と書いてあるが、どのような感じなのかがわからない。

一番の問題は価格で税抜き価格139,000円。このような自転車が売れる市場が日本にあるかどうか気になる所だ。

XROSS | Product Page

スポンサーリンク