2017年度版 6万円台以下で買うことができる初心者向けのクロスバイク一覧

2017年モデルのクロスバイクが少しづつ登場してきている。この価格帯のクロスバイクでも、ブランドによって様々な物があり、各社、特色を出して差別化を行っている。今回は6万円台以下で買うことができる初心者向けのクロスバイクをまとめてみた。因みに随時更新します。

スポンサーリンク

 6万円台以下で買うことができる初心者向けのクロスバイクの基準

今回の基準は主に2つ。1つは何処でも購入できることと、2つ目は、そのままの状態で趣味としての使用に耐えることができること。

何処でも購入できることは、一部のプライベートブランドの自転車は、一部地域でしか購入することができない物がある。今回は、多くの店舗で購入できるGIANT、RITEWAY、BRIDGESTONEなどの有名ブランドや、サイクルベースあさひやイオンバイクなどの、全国的に展開しているブランドをまとめてみた。

2つ目については、趣味として使用できるスポーツ自転車としての要件を備えていること。特に注意事項が無い場合、車体サイズは豊富、前後車輪を外すことが出来る、前ギアは3枚ありきつい坂道もゆっくり走れば上ることができる、後ろギア(スプロケット)は8枚あると思っていい。価格表記は特に記載がない限り税抜き価格となっている。

ブリヂストンサイクル CYLVA F24:¥55,800

f24-normal-3-2015AW

スタイルとは裏腹に堅実で汎用性が高いクロスバイク

ブリヂストンの街乗り系自転車ブランド「グリーンレーベル」シリーズでストリート系を意識したモデルがCYLVAシリーズ。この価格帯で採用されているのが珍しい制動力が比較的高いシマノ製Vブレーキ、パンクに強いプロテクターを装備したBRIDGESTONE LIBERQパンクガード付きタイヤ、輪行でも邪魔にならないセンタースタンド、LEDスリムバッテリーライト、
1年間の盗難補償を装備し、ストリート系ながら堅実なクロスバイクとなっている。ブリヂストンブランドのため、どこでも購入ができる。タイヤ幅は32ミリとママチャリよりも少し細い程度と比較的扱いやすいだろう。オプションにカゴや荷台、泥除けがあるので実用仕様に変更も可能だ。

自転車店の人が見る、クロスバイクの価格の違い(Momentum I need Z-3 Air/Bridgestone Cylva F24) – シクロライダー

 

GIANT Escape R3/Liv Escape R3W:¥50,000

00000124_059

・安価で舗装路でスピードを出したい人のためのベストセラークロスバイク

クロスバイクの中でも、タイヤ幅が細く舗装路でスピードが出しやすいのが特徴なのがEscape R3。フレーム自体はロードバイク並に軽く、車輪などもロードバイク風のスタイルを採用するなどをして、汎用性よりも軽快性を重視しているベストセラークロスバイク。

GIANTの女性専用ブランド「Liv」からはLiv Escape R3というモデルがある。こちらは女性専用フレームに女性専用サドル等を装着した女性専用モデルとなっている。

舗装路を軽快に走るクロスバイクのコンセプトのため、タイヤ幅は28ミリとママチャリと比べると細い。歩道の段差などには比較的弱いので、よく考えて購入したほうがいいだろう。

Escape Airのフレームよりも軽い、GIANT ESCAPE R3のフレーム重量 – シクロライダー

GIANT Escape RX3:¥64,000

00000136_m2

・GIANTらしさを出したEscape R3の進化版のクロスバイク

Escape R3よりも舗装路の走りを重視したクロスバイクがGIANT Escape RX3。Escape R3よりもロードバイクに近い走りを売りにしているクロスバイクだ。フレーム等のすべての部分がEscape R3よりも舗装路の走りに特化していて、スポーティな走りを特徴にしているとのこと。自分もEscape RX4を持っていて、さらにEscape RX3の中古フレームを購入しているので、どれだけ気に入っているのがわかると思う。

2016年モデルからはモデルチェンジされ、GIANT独自の機構のD-Fuseシートポストが採用された。しなりやすいのを売りにし、独自構造を加えてお買い得よりもGIANTらしさを出したクロスバイクとなっている。

Escape R3と同じ舗装路を軽快に走るクロスバイクのコンセプトのため、タイヤ幅は28ミリとママチャリと比べると細い。歩道の段差などには比較的弱いので、よく考えて購入したほうがいいだろう。

2016年モデル Escape RXシリーズは、GIANTらしさが出ているクロスバイクとなった – シクロライダー

GIANT GRAVIER/Liv GRAMME:¥53,000

00000141_m2

・Escape R3/RX3よりもオールマイティなGIANTのクロスバイク

Escape R3やEscape RX3は舗装路走行に特化していて、汎用性はクロスバイクとして見ると少し低い。またタイヤも細いので段差を不安に感じる人がいるだろう。

GIANT GRAVIER/Liv GRAMMEは、27.5インチマウンテンバイク用のタイヤ径と、1.75インチ(44ミリ相当)と太くすることで、安定して走ることができるオールマイティなクロスバイクとなっている。Escape R3やEscape RX3のタイヤの細さに不安を感じたなら、GRAVIERシリーズを選ぶのも1つだろう。

GIANTの女性専用ブランド「Liv」からはLiv GRAMMEというモデルがある。こちらは女性専用フレームに女性専用サドル等を装着した女性専用モデルとなっている。

オールマイティに使用することができるGIANT GRVIER/Liv GRAMMEだが、Escape R3やEscape RX3のように舗装路の高速走行には特化していないし、タイヤをEscape R3等のように28ミリぐらいまで細くすることはできない。精々1.5インチクラスの38ミリ程度が現実的に限度だろう。また、27.5インチマウンテンバイク用のタイヤやチューブは、普及があまりされていなく、ホームセンターや自転車量販店などで容易に購入できないため、長距離走行を行う場合はチューブは余分に1本持って行ったほうがいいだろう。

Escape Rより多目的に使えるクロスバイク GIANT GRAVIER/Liv GRAMME – シクロライダー

GT GRADE FB:\62,800

grade__fb_cmp_bk_m

ディスクブレーキを装備し、汎用性が高いフラットバーグラベルロード

グラベルロード「GT GRADE」のフラットハンドル仕様がGT GRADE FB。Escape R/RXよりやや前傾姿勢の乗車姿勢になり砂利道を走行するのを想定している車体設計に、ロードバイクの23ミリタイヤから、砂利道を走るシクロクロス用の35ミリタイヤまで装着することができる。ロードバイク用ディスクブレーキを採用し比較的簡単にドロップハンドル化が可能となっている。ESCAPE R3やESCAPE RXシリーズよりも前傾姿勢で乗るため市街地走行は得意ではないが、趣味目的で使用するのなら良い選択肢の1つだろう。自分も新車で買うのならEscape RXよりもGT GRADEを選ぶだろう。

お買い得になったグラベルロードバイク 2017 GT GRADE CLARIS/GRADE FB COMP – シクロライダー

クロスバイクよりも発展性があるフラットバーグラベルロード GT GRADE FB COMP – シクロライダー

スポンサーリンク