お買い得になったグラベルロードバイク 2017 GT GRADE CLARIS/GRADE FB COMP

個人的に気になるロードバイクの一つにグラベルロードがある。舗装路以外の路面には弱いロードバイクとは違い、タイヤが太く荒れた路面でも安定して走ることができ、荷台や泥除けの装着が可能、ディスクブレーキで制動力を確保しているなど、公道用ロードバイクに一番近いロードバイクだと思っている。

そんなグラベルロードバイクの中で安価に買えるモデルの一つにGT GRADEがある。GRADEシリーズは個人的に注目しており、2016年に登場したフラットバー仕様のGRADE FBは、自分が所有しているESCAPE RXシリーズよりも高く評価している。

GT GRADEシリーズは、2017年モデルでは低価格になり、GRADE CLARISは税抜価格8万円台、フラットバーのGRADE FBは6万円台となり、一気にお買い得になった。GRADE CLARISの価格が安くなった理由は、円高になっただけではなく、フロントフォークがカーボンフォークから、アルミフォークになりコストダウンしたのもあるのだろう。

GT GRADE シリーズについては以下を参照

GT GRADE ALLOY Xを試乗してグラベルロードの良さを考える – シクロライダー

クロスバイクよりも発展性があるフラットバーグラベルロード GT GRADE FB COMP – シクロライダー

スポンサーリンク

ESCAPE RXユーザーが言う、ESCAPE RXよりもGT GRADEを購入したほうがいい理由

GT GRADEの一番の利点はハンドルの選択肢の幅が広がるということ。ハンドルの選択肢の幅が広がるということは非常に重要だ。理由はクロスバイクよりも発展性があるフラットバーグラベルロード GT GRADE FB COMP – シクロライダーを参照してほしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オススメのグラベルロード、”GT GRADE FB COMP” をカスタム | 京都の中古自転車・新車販売 サイクルショップ エイリンから写真を引用。フラットバー仕様のGT GRADE FBのドロップハンドル化となっている。ブレーキは標準装備のTEKTROからシマノR317に交換されている。

写真のGT GRADE FBのドロップハンドル仕様が示しているのは、ドロップハンドルのブレーキとフラットハンドルのブレーキレバーの両方が使用可能ということだ。

ブレーキレバーの選択が狭いのは、ハンドルバーの選択が狭くなるのと同じで、ロードバイクのディスクブレーキが無いときは、ドロップハンドルでは、効きが悪いキャリパーブレーキかカンチブレーキを選択しないといけなく、Vブレーキではドロップハンドルのレバーを選択すると、規格があわないので適切に動作しない。Vブレーキ対応のドロップハンドル用ブレーキレバーは選択肢が少なく丁度いい物が無く、ミニVブレーキやワイヤーの引き量を調節する小物は、余裕が無かったりする問題がある。

特に多くのクロスバイクに装着されているVブレーキは、ブレーキレバーの選択肢が少なく、ハンドルの選択肢が少ないという悩みの種となっている。実際にEscape R3ユーザーの某Y氏や、Escape RX3/4ユーザーの自分の両方が頭を抱える問題となっていた。もしGT GRADE FBだったら、ハンドル問題は解決していた事例は多くあったほどだ。

既にGIANT ESCAPE RXがあるので当分購入予定はないが、相当心動く自転車なGT GRADEシリーズ。もし自転車を買う機会があるのなら、自分は即買うだろう。

スポンサーリンク