油圧ディスクロードバイク GIANT CONTEND SL 1 DISCを買う前に確認したい部分

GIANTのエントリー価格帯のロードバイクにDEFYシリーズとTCRシリーズがあった。DEFYシリーズは、レーシングモデルもTCRシリーズよりも乗車姿勢は緩く、長距離走行を行いやすい設計となっているのが売りだが、2017年モデルからは、DEFYシリーズとTCRシリーズは統合され、新たにCONTENDシリーズが登場した。

CONTENDシリーズは、安価なCONTEND4から、油圧ディスクブレーキを装着したCONTEND SL 1 DISCが登場した。CONTEND 1 SLは、他のCONTENDシリーズと比べて、様々な機構を装備しているのが特徴となっている。

00000129_m

出典:2016 Giant Bicycle [CONTEND SL 1 DISC (2017 NEW) ]

フレームはALUXX-SLアルミフレーム。左右シートステーは非対称設計となっていたり、しなりやすさを売りにしたD型形状のシートポスト、D-FUSEシートポストを採用し、GIANT独自の設計を導入している。ボトムブラケットはSHIMANO BB-RS500-PB (BB86)のため圧入式ボトムブラケットとなっている。フロントフォークは、Advanced-Grade Compositeというカーボン製。コラムはアルミニウム製となっている。

ブレーキはGIANT CONDUCT HYDRAULIC DISC BRAKE SYSTEM。GIANT独自の油圧ディスクブレーキで、油圧式ディスクブレーキだが、STIレバーはワイヤーで引くため、コンバーターを装備している。ブレーキキャリパーも専用品とのことだ。

ギアは前はSHIMANO RS500 34/50T。後ろはSHIMANO 105 11S 11-32T。普通の人が峠を行くのはギリギリといったレベル。

タイヤはGIANT P-SL1 700x25C。GIANTブランドのタイヤで税抜き3,300円で購入可能。

スポンサーリンク

GIANT CONTEND SL 1 DISCを買う前に確認したい部分

15万円台で、GIANT独自の機構が装備されている油圧ディスクブレーキロードバイクのGIANT CONTEND SL 1 DISC。ただ、GIANT CONTEND SL 1 DISCを買う前に確認したい部分がある。

それはブレーキ。ジャイアントのアルミロード総刷新 TCR SLRモデルチェンジ、新たな入門機CONTEND登場 | cyclowiredでは、ブレーキキャリパーは独自品で、機械式から油圧式へのコンバーターをステムキャップと一体化させているのが見える。ブレーキキャリパーが独自品なら、ブレーキパッドの互換性や価格、他社のブレーキキャリパーとの互換性を考える必要がある。また、機械式から油圧式へのコンバーターをステムキャップと一体化させているため、ステム交換が非常にしにくくなっている。仮にGIANT CONTEND SL 1 DISCを購入し、ステムを他社の物に交換した場合、コンバーターはどこに装着すればいいのかを考えないといけない。GIANT CONTEND SL 1 DISCを購入する前はこの2つを考えないといけないだろう。

因みに参考として、GIANT台湾ではCONTEND SL 1 DISCの下位モデル、CONTEND SL 2 DISCにはTRP SPYRE Cという機械式ディスクブレーキが搭載されている。CONTEND SL2は日本未発売だ。

スポンサーリンク