細部が進化している 折りたたみ式リカンベント タルタルーガタイプF

寝そべって乗る自転車で有名なのがリカンベント。競技で使用できないのか、一般的な自転車の部品を流用できないためかマイナーな自転車となっている。そんなリカンベントには、セミリカンベントタイプというモデルがあり、今でも売られているセミリカンベントにタルタルーガType Foldingがある。


タルタルーガType Foldingの特徴は折り畳めるセミリカンベントということ。実車を見るとわかると思うけど、リカンベントは通常の自転車よりも大きいため、収納スペースの問題があるが、タルタルーガType Foldingでは、収納スペースが少なくても大丈夫で、その気になればエレベーター付きの集合住宅に住んでいても保管しやすいセミリカンベントだと思う。

タルタルーガType Foldingは、2001年に登場しているが、細かい所に改良を加えている。最新型のType1.7では、メインコンポーネントをシマノ・Clarisに変更し、折畳み機構の根幹部の中央部メインブロックを従来のアルミ鍛造 + CNCという製造方法から、アルミブロックからCNCによる完全削り出しへ変更下と書いてある。

通常の自転車と違う着座姿勢のため、どのような走りをするか興味がある。自転車店のブログでは、スピード感が高く下りが気持ちいいという意見がある。これは体が起きているので視界が広く、着座姿勢が通常の自転車より低いので目線と重心が低くスピード感が得やすいのではないかということ。また、後輪の上にお尻が来るような感じのため、後輪を中心に前輪が弧を描いていくコーナリングになるようだ。

参考

E-Vehicleとは? : 南風そよぐ、、、

亀ダウンヒル : 南風そよぐ、、、

タルタルーガの乗り心地 – 自転車・マウンテンバイク 解決済 | 教えて!gooで、オーナーの意見を見ると、フリクションの多さと、サドルが痛いという欠点がある。整備のコツはチェーンが長いので、出来るだけ良い常態を保つことと、後輪に荷重がかかりやすい独特の乗車姿勢のため、体重の殆どが後輪に掛かるので、後輪のスポークの張りはマメに点検しないといけないようだ。しかし、独特の車体は唯一無二の楽しさがあるとのことだ。

Tartaruga Type FOLDING TOP J

スポンサーリンク