Escape Rより多目的に使えるクロスバイク GIANT GRAVIER/Liv GRAMME

GIANTのクロスバイクの多くは、Escape R3やEscape RXシリーズなど舗装路の走行性能を重視するクロスバイクがメインとなっている。かつてはトレッキングバイクタイプのCROSSシリーズやデュアルスポーツタイプのROVEがあったが、今は日本に導入していない。

GIANTのクロスバイクの中でもGRAVIERは、27.5インチ(650B)規格のマウンテンバイクのタイヤを装着したクロスバイクで、Escape R3やRXシリーズよりも舗装路ではスピードは出にくい一方、砂利道や段差などに強く道を選ばないで走ることが出来るクロスバイクとなっている。2017年モデルは1万円安い5万円台で購入できる。

スポンサーリンク

GIANT GRAVIERの解説

00000141_m2

出典:2016 Giant Bicycle [GRAVIER (2017 NEW) ]
フレームはALUXX-Grade アルミ素材を採用。泥除け、荷台装着用のダボ穴はある。フロントフォークはCr-mo SLというクロモリ素材を採用している。フレームサイズは155cmから乗れるXSや、190cmの人まで乗れるLサイズもある5種類を展開している。フレームとタイヤの隙間を見ると、これ以上タイヤを太くすることはできないようだ。

ブレーキはTEKTRO TB07AL Vブレーキ。この価格帯では平均的なブレーキで必要十分の性能を持っている。

ギアは前はPROWHEEL SWIFT 28/38/48Tの3段、後ろはSHIMANO HG41 8S 11-32Tの8段のクロスバイク用ギア。重いギアから軽いギアまであり、普通の人なら軽いギアが無い不満は恐らく無いだろう。

タイヤはKENDA K-1082 27.5×1.75。海外ではKOASTと呼ばれているようだ。2016年モデルはMaxxis デトネイターが装着されていたが、2017年モデルからはKENDA製のタイヤに変更してコストダウンしたか。

ホイールは27.5インチを採用している。後輪を取り付けるためのフレームのOLD幅が130mmから135mmとなり、マウンテンバイク用の27.5インチホイールの装着が可能となった。但しマウンテンバイクの世界では27.5インチ用ホイールはディスクブレーキが多く。GRAVIERのような27.5インチ用リムブレーキは少ない。またGRAVIERにはディスクブレーキ用の取付台座は無いようだ。

GIANT GRAVIERの女性用モデル「Liv GRAMME」の解説

00000142_m2

出典:2016 Giant Bicycle [GRAMME (2017 NEW) ]

GRAVIERの女性専用モデルがLiv GRAMME。GRAVIERとの違いは、GRAVIERには無い女性専用サイズのフレームと、女性専用サドル「LIV COMFORT LITE」を装着していることだろう。

GIANT GRAVIER/Liv GRAMMEが合っている人、合っていない人

GIANT GRAVIER/Liv GRAMMEが合っている人は、クロスバイクに乗りたいがEscape R3やRXシリーズのようにタイヤが細いのが不安に感じる人が良いだろう。ロードバイクに近いぐらい細いタイヤを装着したEscape R3やEscape RXは、日常利用ではずぼらな管理をすると使いにくい。現在某Y氏が乗っているEscape R3の元オーナーがEscape R3を手放した理由の1つに、パンクしやすいという理由で手放している。

参考:マウンテンバイクが街乗りで有利な場面とは – シクロライダー

パンクしにくいEscape R3が欲しい人には、GIANT GRAVIER/Liv GRAMMEがピッタリだろう。タイヤが太いため舗装路での高速走行は不向きだが、段差に強く道は多少悪くても走ることが出来る。車体重量は11.2kg(GRAVIER 465mm)と比較的軽いので輪行などの自転車趣味もできる。タイヤ幅は1.75(約44ミリ)と太いが、舗装路の走りを軽くしたい場合は1.5インチ(38ミリ)に細くすることもできるだろう。27.5インチタイヤについては以下を参照してほしい。

参考:27.5インチ(650B)車輪関連 – シクロライダー

スポンサーリンク